新人おたむ日記

京都で布製品のオリジナル製品の製造卸販売を営んでおります ノムラアートプラントと申します。
このブログでは今まで弊社にて製作致しました製品の製作実績+猫情報を掲載してまいります。 拙い点が多々あるかと思いますが、ごゆっくりご覧頂ければ幸いです

nomura-art-plant TOP

オーダーメイド品のご依頼はノムラアートプラントまで
お気軽にお問い合わせください。

タグ:綿・中厚法被

短納期でブランドイメージに合う法被をと依頼を頂き、昨年末に無事納めさせて貰いました。
ご依頼いただいた法被は、担当の方の希望のデザインをもとに高級感を意識して製作いたしました。
1
星野リゾート 界出雲さんは、地域の魅力を再発見し心地よい和にこだわった上質な温泉旅館!!
島根の玉造温泉に佇む、全室露天風呂付き。
プライベート感あふれるお部屋で美肌の湯を心ゆくまでご堪能いただけます。
法被のロゴや図柄のデザインも和の趣と伝統と継承を大切にしつつ新しさを感じます。 
7
衿は着た際に赤が見えるように伊達衿にしてあります。
深い紺色が赤が入ることによって、色鮮やかにみえます。
8
袖にも衿と同色の裏生地を使用。
折り返して裏地を見せるのも有りです。
5
背中のデザインは界出雲さんのロゴと出雲がイメージできる柄となっております。
よく知っているようで、はじめて出会うような日本がここにあります。

まずは1月1日の餅つき大会で使用して、その後も夏場のかき氷など年中のイベントに使用したいとの事でした。
自分達の衣装が品質を大切にされている星野リゾートの様な方々に選んで貰える事がわかり嬉しく思いました。
歴史ある「神の湯」を堪能する露天風呂。
http://kai-ryokan.jp/izumo/
 

「喜び」と「感動」の輪を広げるお手伝いノムラアートプラント まで
logofacebook_b_mini insta_b_minitwitter_b_mini

飯田町燈籠山祭りは石川県珠洲市にて
毎年7月20日、21日に行われる、巨大な燈籠山人形が特徴的なお祭り。
寛永年間(1624~1643年)初期から続く深い歴史を持ちます。

さて、この度
弊社のお世話になっております吾妻町を含む飯田町燈籠山祭りの皆さまが、
11月11日からの3日間、奈良県春日大社まで遠征された時のお写真をいただきました。
matsuri01
matsuri02
町を練り歩く山車。
燈籠山人形の乗っていないこの状態でも6~7m。
2階建ての家に相当する高さです。
20161112_s-172
笛、太鼓、鐘の三音と曳き手の合いの声が見事な調和を見せます。
20161111_s-173
飯田町燈籠山祭り公式HP:http://toroyama.nt08.com/ より

春日大社では山車の上に燈籠山人形がお目見えとなりました!
飯田町燈籠山祭りのルーツは七柱の神々に町へ夕涼みをお出まし願ったのが始まりとのことですが、
夜闇に煌々と輝く燈籠山人形は正しく神の降臨を思わせる幻想的な光景です。


7月20日の石川県でのお祭りではお祭り体験もなされているそうですので是非ご参加ください。
2c99f202479af281b30bbb7e13d3272f
579f153df5b66a51a06c7efa037d8797
飯田町燈籠山祭り公式HP:https://toroyama.com/ より

燈籠山人形を載せるとその高さはなんと16m!!5階建てのビル相当となり。
重さは5トンにもなります。
その作りにも驚かされますが、
みんなで曳けば人の力だけでこんなにも大きなものが動かせるのですから驚きです。
こんなにも大きな山車を誰もが曳けるお祭りです。
e2b81bd804c584694c206287aa69ecba
飯田町燈籠山祭り公式HP:https://toroyama.com/ より

7月20日夜には花火大会も開催され、燈籠山人形と花火のコントラストが非常に美しい。
お祭りの熱気から少し離れロマンチックな光景が広がります。

是非一度、飯田町燈籠山祭りに足をお運びいただければと思います。

詳しくは飯田町燈籠山祭り公式HPをご確認ください。
公式HP:
https://toroyama.com/
お祭り体験:
https://toroyama.com/taiken


最後に少しだけ法被のご紹介。
matsuri03
法被がビシッと決まった男の背中。
山車とお揃いの吾妻町のマークが背中に輝きます。
backfront
背中の大きな円のグラデーションが非常に繊細な法被です。
生地は法被として一般的な中厚の綿生地です。
モノクロのデザインが燈籠山人形の美しさを更に引き立てますね。


「喜び」と「感動」の輪を広げるお手伝いノムラアートプラント まで
logofacebook_b_mini insta_b_minitwitter_b_mini

オーダーメイド法被のご依頼を頂きました。
front
back
シックなデザインがバーの雰囲気にもマッチします。

衿文字は名刺の画像を頂き、トレスいたしました。
横書き文字の風合いを損ねないよう横向きのままのデザインです。
inside
生地は綿100%の中厚生地。
加工はインクジェットによるフルカラー染色です。

裏抜けは写真の通りほとんどなく法被の内側は白いままの仕上がりとなります。
packing
OPP袋に入れてお届けです。

オーダーメイド法被(はっぴ)
カスタムメイド法被(はっぴ)のお問い合わせは
ノムラアートプラント まで
logofacebook_b_mini insta_b_minitwitter_b_mini

ミュージックフェスティバル用の法被のご注文を頂きました。
front
お祭り以外での法被の出番と言えばキャンペーン衣装やLIVEの応援衣装など。
ミュージックフェスティバルは参加者との一体感がよりお祭りに近いとも感じますし、
海外発信のフェスに日本伝統の法被という取り合わせは趣深いものがあります。
back
さて、肝心の法被はインクジェットによるフルカラー染色にてオーダーメイドいたしました。
波柄は既製品波柄法被と同じ柄ですので、同じ柄をカスタムメイドでも製作可能ですが、 
カスタムメイドの場合は柄を一つ一つ染めるのに製版が必要となります。

こちらの法被の場合、
背文字の「祭」、衿文字の「WE+ハートマーク」「ULTRA」、胸のロゴ
と4つ版が必要になり、その製版費用を考えますと少量製作には向きません。
(※製作枚数によってはカスタムメイドの方がお安くなります)


そのような理由から今回は
初めはカスタムメイドのご相談をお受けしましたが、
オーダーメイドによる製作をご提案させていただきました。
inside
生地は綿の中厚生地。
染め抜けはほとんどありませんので法被の内側は写真のような仕上がりとなります。
d_front
d_back
Mサイズの予備を180cm強のスタッフが着てみるとこんな具合です。
やや小さめですが、法被は多少サイズに融通が利きますので十分着れます。
背文字の祭も大きく目立ってかっこいいです!
packing
OPP袋に入れてお届けです。

オーダーメイド法被(はっぴ)
カスタムメイド法被(はっぴ)のお問い合わせは
ノムラアートプラント まで

logofacebook_b_mini insta_b_minitwitter_b_mini

七尾市の壮年団様より法被のご依頼をいただきました。
front
back
ご使用中の法被をお借りしての作り替えです。
お預かりした法被をかなり色褪せていましたので色褪せる前の色合いを想定してやや濃い目に製作。
裾裏側のなど色褪せが比較的少ない部分を目安としています。
inside
生地はお預かり品同様の綿の中厚生地を使用。
今回は少量のでご注文となりますのでインクジェットでのフルカラー染色です。
生地の裏側までの染め抜けはありませんので法被の内側は上写真のような仕上がりです。
d_front
d_back
サイズもお預かり品と同サイズで製作しておりますが、Mサイズ程度の大きさです。
法被は着るのではなく羽織る分サイズに融通がききますので、
普段L~LLサイズを着ている180cm強のスタッフが予備品を着てみてもこんな具合。
多少小さくはありますが、十分着れてますね。
packing
OPP袋に入れてお届けです。
この法被も色褪せるまで使っていただけることに期待します。

オーダーメイド法被(はっぴ)
カスタムメイド法被(はっぴ)のお問い合わせは
ノムラアートプラント まで

logofacebook_b_mini insta_b_minitwitter_b_mini

造園業の方の法被を製作いたしました。

祭りなどで使う法被とは違い、
仕事で毎日使うためのユニフォームですから
凝ったデザインというよりはシンプルで分かりやすく、頑丈なものが求められます。
omote
ura
rogojpg
ロゴはお借りいただいた帽子と同じように製作いたしました。

古くなった法被を新しく作り直したい!
帽子など別のものに入れているロゴと同じものをを入れたい!
そんなご要望、お気軽にお申し付けください。
データがなくても大丈夫です!
hiraki
頑丈さと夏場の着心地を考え生地は中厚の綿生地。
汗が目立ちにくいように袖裏には茶色の生地を配しました。
仕事に使うユニフォームですから、汚れを気にしなくていいのが一番です。
housou
OPP袋に入れてお届けです。
この法被がボロボロほどの活躍を期待しています。


オーダーメイド法被のお問い合わせは

ノムラアートプラント まで!
logofacebook_b_mini insta_b_minitwitter_b_mini

じぶ石川県加賀市にて創業110年をこえた醤油屋さん
井村商店さんの法被を製作させていただきました。
名称未設定-1
井村さんご夫婦です。
この写真は

石川県加賀市の人々や加賀市に関わる人たちにスポットを当て、

彼らの活動や想いを紹介しているローカルメディア

「加賀ぐらし(kagagurashi.com)」さんより

ノムラアートプラントとはご夫婦のお父さんの時代からのお付き合いさせていただいているのですが、
井村さん一家はいつも楽しそうに笑ってられるのがとても印象的な方々です。

ご夫婦にはお子さんがいらっしゃるのですが、
お子さんにも自分たちと同じ衣装を着て喜んで貰えたらとの依頼をいただきました

126a19ae18f8e4e6975bf41b7fa0944e
e33ed5fc271238dfe1d491f68d713625
ご依頼いただいてから時間が経っていますので、もう着れないかも知れませんが、
大きくなった時、自分たちはこの法被を着れるぐらいから次の100年に向けて
井村醤油醸造元に関わってきた事の証拠になりそうですね^^


3beb89d2a1759c55730ca720907ede10

「やっぱしうまいがいね」
ーーーーーーーーーーーー
<井村醤油醸造>

加賀インターすぐそば


TEL:0761-72-1786

FAX:0761-72-1108

Mail:umaigaya@poppy.ocn.ne.jp


●Facebookページあります●
 井村商店 
ーーーーーーーーーーーー

やっぱしうまいがいね!の井村商店さんのショップ情報はこちらからもご覧頂けますよ~




「感動」と「感謝」の輪を広げるお手伝いノムラアートプラント 
logo facebook_b_miniinsta_b_minitwitter_b_mini

↑このページのトップヘ