新人おたむ日記

京都で布製品のオリジナル製品の製造卸販売を営んでおります ノムラアートプラントと申します。 このブログでは今まで弊社にて製作致しました製品の製作実績+猫情報を掲載してまいります。 拙い点が多々あるかと思いますが、ごゆっくりご覧頂ければ幸いです

カテゴリ: ちゃぼの糖尿病日記

3702

2月下旬からか3月始めあたりから

チャボはよく鳴くようになり、

日に日に段々ダミー声で鳴くほど異常な鳴き方をしていきました。

普段ほとんど鳴かない猫なので

絶対におかしい、何かあると確信し

自分なりに体チェックもしては

病院にも何度も連れて行きました。

血液検査は何度しても異常なし。

それでも納得できず、

自分なりにネットで調べたり、他の病院にも電話で聞いたりもしました。


色々自分なりに調べた結果

異常な鳴き方は、高齢猫に見られる症状の一つだそうで

認知症を疑い始めました。行っている病院に相談しましたが

治る薬はなく、サプリメント位しかないとのことでした。

異常な鳴き方は、脳の病気でも起こりえるみたいで

徘徊や同じ所をグルグル回る行動があるという点。


普通にご飯も食べて普通に歩いていたので鳴き声がひっかかる感じでした。

ご飯 チャボ


念の為、病院に脳の病気の事を聞いても

そこまではないでしょうという感じでした。


チャボが鳴いているのは何か原因がある。

動物に効果があった実証例の認知症のサプリメントを自分なりに調べて探したりしていました。

チャボの様子を毎日チェック。

日を増すごとに、異常な変な鳴き方をするようになりました。

病院に何回か連れて行っても何もできず

なすすべもなく・・・・

チャボの為に何も出来ていない自分に腹が立ちました。




5月ゴールデンウィーク。

ご飯も食べなくなって表情もしんどそうで

チャボが恐ろしいダミー声でずっと鳴き続け

同じ所をぐるぐる徘徊し始めました。

これはさすがに異常事態。

脳の異常だと自分は確信しました。

すぐ病院に連れて行き状況を説明。

血液検査の結果、

糖尿病の血糖値が高く、少しケトン体が出ているから

入院させるとの事でした。


私  『え、糖尿病よりも、チャボが異常な鳴き方で同じグルグル徘徊がとまらないのがなぜなのか
    脳になにかあるんじゃないんですか?糖尿病よりそっちが心配で病院にきたのです。』

先生 『猫で脳の病気はめったにないので。まずは糖尿病のケトン体が出てるので
     まずそれをなくさないといけないのでそちらの治療で入院させます』

専門知識のあるトップの先生がそう言いました。

今までの鳴き方や今回の異常行動を目のあたりにしている分、

なぜ異常な鳴き声と同じ所をぐるぐる徘徊するのか・・・

なぜ・・なぜなのか原因の答えが欲しかった。

納得いかない気持ちでしたが・・・

私は、ただチャボの病気を治したい


ここまでひどくなる程になった事態にチャボに申し訳ない気持ちでした。

でも入院したら、家にいるより

点滴や医療体制が整っているのでチャボの体が少しでも元気に戻るかもしれない

そんな感じでチャボをお願いしました。


毎日お見舞いに行くも元気もなく目もうつろ。

変わらず同じ場所をグルグル回っている。食欲もない。

かなりしんどそうでつらそうで。心から愛しいチャボが苦しんでいる姿は胸がしめつけられる思いでした。
3793

別の見習い先生に、脳の病気を疑っている事を話したところ

その可能性も十分あると思いますと話してくれました。

入院二日目のお見舞いにきた時

私の目の前でチャボは痙攣を起こしました。

初めてチャボが痙攣する姿を目の前にして大きなショックを受けました。

死ぬかもしれない恐怖と不安が一気に押し寄せたのを覚えています。

ちょうど見習い先生が来て、痙攣はおさまりました。

私 『確実脳の病気じゃないんですか』

見習い先生 『痙攣を見る限りその可能性は高いです。』

見習い先生 『脳のMRIを撮れば原因がわかるので撮るのであれば早い方がいいです。』

見習い先生 『ただチャボちゃんは、ずっと沈鬱でご飯も食べずしんどそうで
         体重も痩せてきている。体力的にMRIを撮れるかが心配です。
         MRIは全身麻酔をかけないと撮れません。
         今のチャボちゃんの体力をみると命を落とす危険もある』
3828


今の現状(徘徊・痙攣発作・沈鬱状態)を見てやっと脳の病気を疑った診断。

心の中で、遅い・・・もっと早くMRIを薦めてほしかった。

チャボがここまで危篤になるまで何も対処が出来なかったこと

今の最悪な状況でMRIを受けるという選択が命を落とす可能性も高い

色んな事が押し寄せてきて頭が真っ白になりました。

正直やるせない思いでしたし、悔しいの一言でした。


一刻も早く原因を突き止め、なんとか治せるのであれば治したい。

脳のMRIをすることを決断する。

おたむです。
ここ数日あったかい日が続いていますが。
花粉の時期でもあるので嫌ですね。。
私もずっと花粉症ではなかったのですが
一乗寺にきてから花粉症になりました。
山が近いせいなのか、、目がかゆいです。
まだ軽い花粉症なので
マスクが絶対いるてわけではなく
毎年ひどい花粉症の人は大変だろうなと思います。
犬・ねこにも花粉症てあるのかな。。。

最近のちゃぼは、よく鳴くようになりました。
今までめったに鳴かないコなので
何で鳴いてるのか気になるとこです。
ご飯もあげてるし、声かけや、触ったり(スキンシップ)
しんどいのか見たり、
子供にかかる時間が多くて寂しくて鳴いてるかもしれませんし
年齢的に鳴くのかも(高齢猫はよく鳴くらしい)しれません。。
私との時間がもっと欲しいのかもしれません。
ちゃぼ画像 その1


そんなことも知らず、
子供はちゃぼと一緒に遊びたいみたいで
ちゃぼに近づきますが、
ちゃぼは賢いので、子供の動き(やんちゃぶり)を
警戒しながら様子を見ます。
ツーショットその1
最初は一緒にいるのですが
子供がワーとガチャガチャ動いて
雑にちゃぼを触るとちゃぼも何をされるのか不安そうな顔になります。
そして逃げます。ちゃぼの逃げる場所に子供も行こうとするので
私もちゃぼを必死で守ります。

二人のショットを見ていると、かなり癒されるですが
同時に子供がちゃぼに何をするのか
私までドキドキひやひやしながら
見ている毎日です☆
ツーショット その2
隣同士一緒の布団の中に入れて
嬉しそうな顔をしています。

おたむです。
今日は製作商品とは関係ない話です。
ネコ好きなら何となくお気づきかもしれませんが・・・・
2月22日。ニャンニャンと呼べるので
ネコの日として知られています。

うちにも可愛いチャボ(猫)がいます。
今日はチャボの出会いからざっとお話したいと思います。

あれは今から8年前の10月下旬頃。
住んでいた家の近くに一匹の茶トラ猫がいました。
しっぽをペッタンペッタンさせて目がくりっとした
毛並みの良いネコでした。
image1

その当時の私、犬か猫かと言えば
犬派でした。
昔小さい頃、近所のネコが自分の家のベランダでおしっこしたり
家の中に入っておしっこしたりした事があったので
ネコ=身勝手 みたいな印象を受けていました。

だからチャボを見てもネコがいるなみたいな感じでした。
ピンクの首輪もしていたので、近所の飼い猫だろうと思って見ていました。
私が仕事から帰ってきても同じ場所にずっといるので
『あれ、おかしいな』と。
そこから何日も外にいたので
近所の人にも聞くと、迷い猫なのかな・・・と。

自分のまわりに相談すると
冬になる季節だったので
いったん、家に入れて保護しながら
飼い主さんを探すことに・・・
張り紙やら動物病院やら色々まわって、2、3カ月ずっと探していたのですが
1件のみ問い合わせがあっただけ(結局違う猫だった)で。
いつしかうちのネコになり、家族となりました。
image2

基本大人しく、賢く、人にもなつき、爪磨きも買ってきたとき
またたびがついているのを知っていて
動物病院にからだチェック・血液検査してもらっても
異常なし、のみなしだったのでどこかで飼われていたのかなと思いました。

ネコとの生活がスタート。
一緒にいるのが楽しくて♪
いつも仕事帰りに寄り道していた私が
すぐ直帰するようになりました。
私を待っていると思うと走って家に向かっている自分がいました。
image4

あれから8年。
昔も今も変わらず、私の一番の味方でもあり
私のそばにずっといてくれています。
お手洗いの時も前で待っていてくれて
玄関にもお迎えしてくれる
部屋も一切荒さない
ほんまに完璧で優しい、チャボ☆
ネコという動物ですが
大事な家族に違いありません。
出会えてほんまに良かったなと思っています。
チャボの首輪を買い替える時は
必ず出会った頃にしていたピンクと決めています。
ちゃぼ、これからもよろしくね☆
image3

ちゃぼは元気にやっています★
食欲もあるので体調的には大丈夫だと思います。
ていうても、年齢もあるので
病院に行けるときは定期健診も受けないとなと考えています。
image1

子供とちゃぼの関係は良好ですが、
子供がアクティブに動いたり走ったり思っている以上に
力が強くいので、ちゃぼはびびってどっかに逃げる事が多いです。

子供も『ちゃぼ~こっちおいで。なでなで』とちゃぼの事は好きなのですが
手荒い所もあるので、ほとんどどっかへいきます。
だから家にちゃぼ一人の時は、ゆっくりのんびり好きな場所で寝ています。
image2

子供とちゃぼのツーショットもほのぼのしているので
見ている私も癒されています☆
image4
子供の動きによっては、迷惑そうに『何されるのだろう。。。』と
考えるちゃぼの表情に私もすぐに察知して助けます。

ちゃぼはもともと優しい子なので
子供を優先にしてくれる所を見ると
なんていい子なんだろうしみじみ思います☆

image5

毎日夜私の布団の中に入って一緒に寝てくれるちゃぼの暖かさに

かなり癒されている毎日です。
(ちなみに子供は右側、ちゃぼは左側)
ただ、左にちゃぼ・右に子供がいるので、どうしても挟まれて
身動きがなかなかとれないのが悩みです。


ちゃぼは毎日お利口にお留守番をしてくれています。

ちゃぼ 2

こないだ、ちゃぼの顎あたりが血が出ていたので

どこかで打ったのかと思い様子を見ていたのですが

やっぱり心配なので、病院へ行ってきました。

前にも何回か肥満細胞腫といって(ネコによくみられるみたいですが)

プツッとした出来物ができた事もあったのですが

今回の顎の下もそれですという診断でした。

ネコの肥満細胞腫はだいたい良性のものが多いみたいです。


ちゃぼは糖尿病なので、ステロイド剤は一切使用できないので

抗生物質の注射を打ってもらいました。

あと診察前に毎回、体重も測るのですが

6.3キロから5.8キロの減っていたのと

私の勘で、ここ最近元気がなかったように見えたので

体重が減っているのがとても気になったので

念の為、先生に体重が減る病気など聞くと

腎臓に影響がある場合体重が減るらしく・・・

かなり心配なので血液検査してもらいました。

結果・・・

腎臓の数値が以前血液検査した数値より

上がってました。。

腎臓は今以上に悪くならない為に

ご飯のカリカリを腎臓サポートするのに

変えるしかないみたいで。。
ちゃぼ 1

携帯でも色々調べていくと

動物も高齢になってくると

腎臓の機能が弱ってくると書いてありました。

実際、ちゃぼと暮らし始めて8年がたちました。

出会った頃で推定5才か6才だとしても

13才か14才。

ネコにしては、高齢になっているのかもしれません。
ちゃぼ 3

ちゃぼも、ご飯以外のおやつもけっこう食べさせたりしているので
(自己嫌悪)

量を少なめにしてちゃぼの健康管理をきっちりしないと

ダメだなとかなり反省しました。。。。。

健康チェックは本当に大事だと痛感した日でした。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あと余談ですが

こないだテレビで見て驚いた事が・・

日本の猫で、28年以上飼われて生きているネコがいた事に

かなりビックリしました!!!!

元気で健康で歯もしっかりあって。

うちのちゃぼの犬歯は二つともありません。

ひとつは歯石がたまってしまい抜けてしまいました。。

もうひとつは病院に入院中動いて歯が折れたみたいで。。。

ちゃぼ、歯をこまめに磨けてなくて、ほんまに申し訳ない。。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お久しぶりです!おたむです。
長い間ちゃぼ日記を更新できずすみません。

おかげさまでチャボは元気にやっています☆
一緒に暮らし始めて、8年がたとうとしています。
image2

 インシュリン注射も変わらず一日2回打っています。
糖尿病になってからこれ7年近くなりますが
ご飯も食べてジャンプも出来るので元気です。

image4

子供も二歳をすぎ、かなり動き回り
パワフルすぎて毎日へっとりしています。
ちゃぼとゆっくりたわむれたいのですがなかなか昔のようにゆとりがなく

ちゃぼには寂しい思いをさせてしまってると思います。

私にとってちゃぼは大事な大事な存在なのでちゃぼとの時間も大事にしています。

子供もチャボが大好きみたいで
「チャボ、おいで~あそぼ」と言っては
6キロあるチャボの体を必死に持ち抱えて運ぼうとするので(笑)
すぐ阻止しますが、なかなか微笑ましい光景やなと癒されています★
子供がチャボの体を触りまくっても何一つ怒らず手も出さず
ほんまに優しい性格なので助かっています。

 

最近寒くなってチャボが私の布団に入ってくるのがとても嬉しくて
私も嬉しくてチャボにくっついています☆
image1

両手に子供とちゃぼが共に気持よく寝ている姿を見ると
ほんまに幸せやな~と肌で感じています。
チャボ、毎日ほんまにありがとー!! 
image5


お久しぶりです。おたむです。

長い間、更新できず・・・・すみません。。

ちゃぼは、元気にやってます☆

c719ab322390f8de0879b52cebd1e02f

去年出産後、ちゃぼの前足の親指が大きく腫れてるのに気づき

病院で診察してもらったところ、手術が必要で

腫瘍を病理検査に出さないとわからないと言われ

去年の9月に手術しました。
ad63920c1f4daabe8fa87391d48f1f93

写真でもわかるように右前足親指、でっぱてます。。。

検査結果は、良性のがんでした。

親指を切除したのですが、見た目もわからないほど綺麗に切除してもらえました。

良性で再発はほとんどないという事でした。

心から一安心しました。。
35e1d335e9ff47752203ba63a9ef15cc


私も毎日育児でバタバタして

子供も1歳過ぎました。

ちゃぼの様子は

相変わらず、おりこうさんです。

ねこの性格は一般には自分勝手と言われますが・・・

うちのちゃぼは、ほんまに優しく・穏やかで賢く気を使う性格です。

褒めちぎってますが、本当に優しいです。
2f2187aa2329e9ccfdc6612d92a2040f

出産してから、赤ちゃんで手いっぱいの私を

そばにきてくれてペロペロなめて励ましてくれて

見守ってくれて、赤ちゃん優先になっても

怒らずいつでも待っててくれるちゃぼ。

ちゃぼには感謝の言葉しかありません。

ちゃぼと赤ちゃんの関係は、良好です★
BlogPaint


ちゃぼがいい距離感を保ち

子供がちゃぼを追いかけまわすという流れになっています(笑)

最初は興味津津で見ているだけが、

今は毛を触ってはなでたり、たまに毛を抜いたり。

ちゃぼも怒らず触らせています。

なんやかんや、仲良くやっています。

ちゃぼも赤ちゃんが来てから今まで

子供の泣き声などうるさくて

ゆっくり休めなかったと思いますが

ちゃぼも慣れてきたのか、自分のペースでやっています。

72923fb7e3f5831db5a472ba9040dd0d

私も育児でヘトヘトになっても

ちゃぼに出来る限りやれることは今もしています。

子供が寝ている間は、ちゃぼとの時間も大切にしています。

a29b8bce8a08d84865a55185961b60a2

ちゃぼと一緒に暮らしてもうすぐ7年です★

ほんまにちゃぼとの出会いで私の生活は楽しくなりました。

これからも元気で長生きしてほしいです。


↑このページのトップヘ