新人おたむ日記

京都で布製品のオリジナル製品の製造卸販売を営んでおります ノムラアートプラントと申します。 このブログでは今まで弊社にて製作致しました製品の製作実績+猫情報を掲載してまいります。 拙い点が多々あるかと思いますが、ごゆっくりご覧頂ければ幸いです

カテゴリ:その他企画商品 > 幔幕(まんまく)・神社幕

どうも、本日も新人おたむ(5年目)が産休の為、
新人のむら弟(実質2週間目&三男坊)が担当します。

どうでもいい情報ですが、野村家は男四人兄弟です。
そして、僕は三男坊。
分かり易く漫画「北斗の拳」で例えると、うちの社長は長男なのでラオウ。
三男坊の僕はジャギです。
うん。
なぜ僕は北斗の拳で例えたんでしょう。
そうそう、今日も暑いですね。
閑話休題

c05e3ab9e0fa5af6193197171a5e5e5f


では、タイトル通り「幔幕」の御紹介です。

幔幕をみなさんご存知でしょうか?

分かり易く例えると、先ほどみたいな感じになるのは目に見えているのでとある文章を引用。

よろしければ、読んでみてください

『身の回りの空間を区切りたい時、私たちは、そこにわざわざ壁を立てずとも簡単な道具、例えば衝立(ついたて)ひとつ、何もなければちょっとした目印を置くだけで、境目が作り出せることを知っています。それでも、そこで何か特別のことが行われていることを示すには、それなりの用意があるに越したことはありません。
幔幕は、そうした役目を専門に担う道具です。行事が執り行われる場を示し、他と区別する大きな布。例えば、町のあちこちでよく見かける紅白幕はその代表で、私たちはひと目でそこがハレの空間であると知ることができるのです。
けれども私たちは、その場であらためて幕の持つ意味を考えることなど、まずありません。何の気なしに一瞥して終わり、というのが普通でしょう。だからといって幔幕を、ただ放っておくのではもったいない。私たちの目をくぎ付けにする、とても素敵な幔幕が、まだあちこちに残されているのですから。

幔幕の意匠
空間をへだて、装飾をするために、横に長く張り渡す広く大きな布のことを、私たちはふつう幔幕と呼んでいます。少々こまかなことを言えば、布を縦に使って縫い合わせたものが幔、横に使ったものが幕、あわせて幔幕です。けれども今や、その違いを気にすることはほとんどないといってよいでしょう。
幔幕には、祭りや祝い事の際、家の入り口に張る門幕や、神社や寺で使われる社寺幕のほか、かつて武家が陣営に張っていた陣幕などがあって、それぞれの紋を入れた比較的シンプルな意匠のものが多いようです。
その一方で、共有の道具として作られた幔幕には、たいへん華やかで、人目を引くものが散見されます。例えば、かつて博多の各町にあった若者組では、それぞれに趣向を凝らした幕を持ち、人が集まる様々な場面で使っていました。今回展示している「金魚図幔幕」と「七福神図幔幕」は、その代表的なものといえるでしょう。』

だそうです。

どうでしょうか、読んでいただけましたか?

多分ですけど、気軽に読む気になれる情報量じゃないのでもう一つ写真載せてみます。

941c7f3d3571f19a80052868c3d40ab4


どうでしょう。
何に使うねん、って感じでしょうか。

京都なら祇園祭など地域の祭りの際に、
ちらほら飾られていたのを御覧なられた方々もいらっしゃるんじゃないでしょうか?





実際、京の街並みで見ると情緒あっていいもんです。

その上、玄関先で水撒いたりしてはるとさらに、ね。

さらに、あの、あれです、素敵。

素敵って言葉しか出てこない自身の語彙の乏しさに、アレです、あの・・・アレですわ。

・・・

さて、ご紹介を終わらせて頂きましょうか。
そして今回は幔幕をご紹介させて頂きましたが、
弊社では上記の幔幕(房・紐付き)から
手拭からTシャツアロハになんでも製作させて頂いております。
まずは御連絡下さい。

ノムラアートプラントまで!

       ● ● 幔幕を紹介致します ● ● 

神社などでよく幕がしているのを見かけた方も多いはずです。

神社によって幔幕もさまざまです。

つくりは基本同じですが、どれも家紋が入っています。

幔幕の種類
■神社などに飾っている幕(=神社幕
■お寺に飾っている幕(=社寺幕
■神社の奉納する場所に飾っている幕(=奉納幕
■祝儀の際に玄関に飾る幕(=門幕・玄関幕)  
 

今日は用途は聞いていなかったので、何に使用されるのかわかりませんが、

お名前が入っているので お正月お祭り祝儀の際に使用する門幕(玄関幕)

に使用される分だと思います。

↓写真はこちらです

=幔幕=
▼全体
茶色と白の組み合わせに家紋が入っています。左には名字。
付属品に緑の幕房・三色の幕紐。

2551d2a68456f819e9731212617524b7


▼付属品(幕房・幕紐)
緑の幕房は幕の中央に飾ります。
幕紐は上に通します。

3d9126f798085f288ec8cd4936584b6b


▼幔幕(拡大)
上の三分の一は白に家紋がはいっています。
下半分の色は地域によって変わるそうです。

554be59f65532135deceba3bb2c96f96


▼名前(拡大)
名入れも左下に入れるのが基本です。
生地は麻です。

6121266d845d5c2c8b25746179585f95


▼裏
裏も色が綺麗に抜けています。

50afd65ded9823d7c57639d2307f695b


▼箱入れ
上は空の箱です。
下は商品を入れたところです。(この状態で送ります)

f0d4d98941c555fa8b805ff917fa7dd1
360acf5d6959e959a69263206828b0e1


祇園祭が始まる京都の町並みにもお祭りを祝う儀式が

ところどころみかけられます。

鉾が立っているところの近くの家や会社の玄関には門幕

よく飾られています。

オリジナル幔幕製作のお問い合わせは
ノムラ アート プラントまで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1bd36216e201d317faadc1d9c5bb6350
今回紹介するのは「幔幕」です。

おめでたい時に使う「紅白幕」

悲しいときに使う「黒白幕」

などはよく見ます。
弊社ではそのような商品も扱っていますが、

オリジナルで製作する場合、

家紋を入れてこんな感じの幕を作ります。

他にも紫1色の生地に家紋を白で抜き染めした神社幕なんかも

この部類に入ると思います。

 eb62a483ec18b4bffb72b716f40dedb6

↑これはお客様から頂いた写真です。

祇園祭の時に写真を撮られたそうです。
↓これが弊社で製作した商品です。

生地は麻を使用しています。

お客様の家紋を指定色にて染抜いて完成です。


↓納品時の箱入れ状態(付属品)
01608ca548fb744be87bc0ff8936d9cc

幔幕を張る為の紐(紺・緑・白)

真ん中を縛る房紐(ふさひも)(緑)
全部そろったら箱入れして完成です。



弊社の商品は丈夫で長持ちしますよ~



お問い合わせは

ノムラアートプラント まで

↑このページのトップヘ