新人おたむ日記

京都で布製品のオリジナル製品の製造卸販売を営んでおります ノムラアートプラントと申します。
このブログでは今まで弊社にて製作致しました製品の製作実績+猫情報を掲載してまいります。 拙い点が多々あるかと思いますが、ごゆっくりご覧頂ければ幸いです

nomura-art-plant TOP

オーダーメイド品のご依頼はノムラアートプラントまで
お気軽にお問い合わせください。

カテゴリ: 法被(オーダーメイド)

********************************************************************************************
1962年には尾道市無形民俗文化財に指定され
毎年11月1日から11月3日まで行われる広島県尾道市のベッチャー祭にて
お子様がきられるオーダーメイド法被のご依頼をいただきました。 *********************************************************************************************

ベッチャー祭りとは、
文化4年(1807)年に尾道市内で流行した疫病の平癒祈願ために行われた祈祷に由来するお祭り。
ベタ・ソバ・ショーキーの三つの鬼の面を付けた氏子が子供たちを追いまわし、
ささらや祝棒などの棒で頭を叩いたり、突いたりされると病気平癒のほか、
子宝に恵まれたり頭が良くなるとされています。
しかし市内の小さな子供にとっては恐怖の一日となります。
241 中野さん 尾道_181107_0006
デザインにはご家族の方の「想い」を込め
「人と人を繋げ、そして世代を繋げる」
子持ち吉原つなぎ
使わせて貰いました。

そして、
お子様が着られる法被ですから、
サラッとした肌ざわりでとっても軽く、
吸汗、速乾のポリエステル素材を使用させて貰いました。

今回、お客様より素敵でかわいいお写真をたくさんいただきました!
241 中野さん 尾道_181107_0001241 中野さん 尾道_181107_0003

241 中野さん 尾道_181107_0004241 中野さん 尾道_181107_0005

241 中野さん 尾道_181107_0002
小さな子供にとっては恐怖の一日なのですが、
本当は、地域全体で、子どもの健やかな成長と一年間の無病息災を祈願する
縁起のよい広島尾道のベッチャー祭

これからの広島尾道を担っていくお子様たちの成長を願う
広島尾道になくてはならないお祭りのお手伝いできた事。
心より嬉しく感謝しております!


「感動」と「感謝」の輪を広げるお手伝いノムラアートプラント 

鮎釣りには法被と竹傘。
京都・美山川ではそんな昔ながらのスタイルが似合います。

この度、更に機能性を追求した鮎釣り法被は
以前製作いただいた法被からバージョンアップをいたしました。
ayu3
ayu2
「美山と言えば『鮎』」といわれるほど、芦生の森を源に流れる由良川の清流が育んだ「鮎」の味は絶品です。
6月1日よりアユ釣り解禁日を境に全国から多くのお客様が訪れます。
ayu4
ayu5
さて、今回機能性をUPした法被は吸汗、速乾のポリエステル素材。
サラッとした肌ざわりが鮎釣りシーズンにピッタリです。
ayu6

ayu7

ayu1
こちらは鮎釣り名人「古川トンボさん」をイメージした法被。
伝統的なスタイルに徹し、綿素材での製作です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
<お客様より>
今年も素敵な半纏を作って下さり有難うございました。 大変暑い夏となりましたが、いかがお過ごしですか?   僕は暑さに負けず釣りにも通っていますが、今年の美山川は高水温やら大水でいつになく不漁。   おかげで良い写真も撮れぬまま終盤に差し掛かり、他の河川の写真となりますが、
とりあえず作って頂いた半纏着用の写真を送ります。  また制作の際には宜しくお願いします。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


衣装にもこだわって、釣り姿も凛々しくかっこいいですね。
釣ってもよし、食べてもよしの「鮎」!!
これから、ますます鮎釣りを楽しんでください。


カスタムメイド法被(はっぴ)のお問い合わせは
「喜び」と「感動」の輪を広げるお手伝いノムラアートプラント まで

福島県会津若松市にある地域密着型総合病院、竹田健康財団さま方より、
この度、ノムラアートプラントがお手伝いさせて貰いました法被を
使用されているお写真をいただきました!!
IMG_0147
20180827082745-0001
2018年8月26日(日)
竹田健康財団 創立90周年記念式典・祝賀会

記事より
ーーーーーーーーーーーーー
 同財団は1928(昭和3)年8月に竹田内科医院(創設者竹田秀一氏)として開業したのが始まりで医師1人、看護師4人、その他5人でのスタートだった。

 35年に竹田病院、86年に芦ノ牧温泉病院、2002年に山鹿クリニックが開設され15年に総合医療センターがグランドオープンした。最新のビジョンには地域包括ケアシステムの構築、ICT(情報通信技術)の活用による医療・介護の質の向上と地域振興、国際化と人材育成の推進を掲げる。
ーーーーーーーーーーーーー
<<竹田健康財団90周年 快適で安心な医療へ決意、若松で式典>>

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180827-301348.php

高い志で地域に貢献され続けられているからこそ迎えられた90周年。
そして100周年に向けて更に。
そんな竹田健康財団のみな様のお手伝いに、
私たちをお選びいただいた事、とても光栄に思います。


名称未設定-1
<竹田綜合病院>
http://www.takeda.or.jp/
https://www.facebook.com/takedahospital


この法被を次に皆さんが着られるのは
2018年9月22日-24日に行われます「会津まつり」だそうです!!
名称未設定-1
https://www.aizukanko.com/kk/festival/
地域に更に喜びと感動の輪が広がりますように!


オーダーメイド法被(はっぴ)
カスタムメイド法被(はっぴ)のお問い合わせは
「喜び」と「感動」の輪を広げるお手伝いノムラアートプラント まで

今年も行ってまいりました。吉田神社節分祭!!
5
室町時代に執行されて以来、信仰と伝統を誇る京洛の一大行事です。
例年約50万人の参拝者が訪れ、境内は多くの露店と厄除祈願やくちなし色の御神札を求める参拝者の人波で埋め尽されます。2・3日の両日には約800店の露店が立ち並びます
1
毎年みんなのお酒とすぐき漬けと福豆を買いに節分祭にまいります。
2
お酒は弊社で法被のお仕事をさせていただいております 
松井酒造さんの新酒を!!毎回売り切れで大人気です。
34
そして「抽選券付き厄除け福豆」も参拝者の楽しみの一つとして親しまれています。
この福豆は食べると厄除け、開運招福のご利益があるお豆!!
福豆を購入すると1袋につき1枚の厄除福豆抽選券がもらえます。
なんと一等は車やテレビなどと盛り沢山です。
去年はうちの社員がお酒一升瓶が当選いたしました。
今年もみんなで何か当たらないかとワクワクしております。
6
特殊神事 節分祭は本宮並びに大元宮において節分の当日を中心に、前後3日間に亘って執行されます。ぜひ2月に京都にお越しの際は節分祭にいらしてみてください。

香川県丸亀市飯山町で長年活動されている
飯山町の子供太鼓「おじょも太鼓」、大人チーム「法勲寺太鼓」
の皆さんの衣装を2008年よりお手伝いさせていただいており、
この度、太鼓衣装の追加製作と共に昨年のお写真と活動期歴をいただきました。

<おじょも太鼓>
おじょも1
<法勲寺太鼓>
法勲寺2

おじょも3
法勲寺3
地元の方々に愛され、地元を中心に年間約30回もの様々な地域行事からお声がかかり公演を行われるみなさん。
今年も予定が目白押しと事。
S__7790594
S__7790596
おじょも4法勲寺4法勲寺1
香川県丸亀市の行事、祭りに行かれる際は
太鼓の音に注意してみて下さい^^
おじょも2
昭和59年飯山町内の小学生を対象に結成。一度も途切れることなく、今年で31年目になり、出演回数も330回ほどになる。毎年開催される、飯山町の法の郷いきいきまつり、桃源郷まつり、桃喰いまつり、紅山の夕べに出演。県内の各種行事、イベント等にも参加。地域の皆様に元気を与えられる太鼓演奏を目指し、子供のリズム感、体力づくり、仲間意識、郷土芸能への関心向上を目的としている。

「喜び」と「感動」の輪を広げるお手伝いノムラアートプラント まで


facebookやってます。

千葉県市川市(※旧:行徳)と言えば、
実に全国の4割が行徳産と言われる日本一の神輿の町
そんな千葉県市川市に本拠に

平成元年より太鼓の素晴らしさを後世に伝えるべく技の伝承に励まれ
今期が結成30年目となる太鼓伝承一族「 末広太鼓 」

実は昨年、
末広太鼓の皆さんより下記の様な連絡をいただきました。
名称未設定-1
この言葉は私たちにとって心から嬉しく、有り難く
私たちが何の為に太鼓衣装を製作しているのか、
そして、これからも製作し続けて行く意義を再確認させて貰う事が出来ました。

そして今期、
10年ぶりに法被の再製作をお手伝いさせていただきました。
※この事を記載していただいている末広太鼓さんのブログ
image2
image1
末広太鼓さんより今回製作の法被に初めて袖を通された
妙典まつり」のお写真をいただきました!!
地域を愛し、地域に愛され、地域に育てられ、「 郷土の音 」になることを
目指し続けられている末広太鼓の皆さん

お時間の許される方は是非「郷土の音」にふれてみてください。
末広太鼓さんの興行予定はこちらから


「喜び」と「感動」の輪を広げるお手伝い

太鼓法被はノムラアートプラントまで



西条祭りは愛媛県東予地方に江戸時代より続く伝統的な秋祭り。
五穀豊穣を神に感謝し10月第2土日と14~17日に行われる
伊曽乃神社、嘉母神社、石岡神社、飯積神社の4つの神社の例祭の総称です。

豪華絢爛と形容されるこのお祭りでは
約200台もの屋台が奉納され、その数日本一といわれるお祭りです。
IMG_4258
今回、法被のお手伝いをさせていただきました小松町大頭の皆様よりお写真をいただきました。
西日本の最高峰の石鎚山を望む大頭の町を
煌びやかなだんじりが太鼓が鉦が、伊勢音頭の音色と共に練り歩きます。
image2
image3
だんじりを囲う100個以上の提灯には火がともり、夜の町を灯します。
お祭りは提灯が灯りが消えるまで行われます。



「喜び」と「感動」の輪を広げるお手伝い
祭り法被はノムラアートプラントまで


facebookやってます。「いいね!」お待ちしてます!!

↑このページのトップヘ