京都芸術デザイン専門学校のクリエイティブデザイン学科ファッションクリエイトコースの
インターンシップをさせていただいた学生です。


インターンシップ期間中にオリジナルの 天使巾着袋(給食袋)  を
製作させていただいたのでブログを書かせていただくことになりました!

子供向けの物を作ってみたかったので
ターゲットを幼稚園児~小学低学年の女の子と設定し、
生地、巾着のデザインから考えて製作させていただきました!

弁当箱のほかにコップや歯ブラシを入れられるように高さを長めにしてみました。
DSC00406

DSC00405
見た目の可愛さをより可愛く見せるため
持ち手をウサギの耳に見立てたり、レースを付けたりしてみました!



工程を紹介していきます!

1. まず、オリジナル生地のデザインをし、2m印刷していただきました。
ウサギ天使の羽の2つをメインに、ゆるふわハート、大小の丸を散りばめました。
DSC00408
↑出来上がった生地です!カットラインを入れさせていただきました。


2. 生地をカットラインで切り、持ち手を型紙に合わせて切ります。
201938_190308_0001


3. ミシンで持ち手のパーツを縫い、次に巾着本体となる生地にロックミシンをかけます。
DSC00364

DSC00366

DSC00370
家庭用ミシンでは思った以上に時間がかかりました…


4. 中表で止まりまで縫い合わせ、止まりからステッチをいれ、マチを縫います。
DSC00372


5. 次に三つ折りをする前に、持ち手を本体にしっかり縫いつけます。
DSC00379


6. 三つ折りしコバステッチで縫い、レースの付ける位置を決め、手縫いで縫いつけていきます。
DSC00383

DSC00388
表だけ縫い、裏を一緒に縫わないように気をつけます。


7. アイロンで形を整えた後、紐を通します。
DSC00392

DSC00398


最後に持ち手を結んで、完成です!!!
DSC00424
自分でデザインした生地で物を作るという貴重な体験をさせていただきました!

反省点としては、1枚で作ったため反対側のデザインが逆向きになってしまったことです。
デザインを考える際は、色の配置やイラストの向きをよく考えることが大事だと感じました。

この製作を通して
ターゲットが欲しくなるものはどのようなものか考えて作ることが
改めて大事だと思いました。


また機会があれば自分でデザインした生地で、雑貨や洋服の製作をしてみたいなと思いました!!