鮎釣りには法被と竹傘。
京都・美山川ではそんな昔ながらのスタイルが似合います。

この度、更に機能性を追求した鮎釣り法被は
以前製作いただいた法被からバージョンアップをいたしました。
ayu3
ayu2
「美山と言えば『鮎』」といわれるほど、芦生の森を源に流れる由良川の清流が育んだ「鮎」の味は絶品です。
6月1日よりアユ釣り解禁日を境に全国から多くのお客様が訪れます。
ayu4
ayu5
さて、今回機能性をUPした法被は吸汗、速乾のポリエステル素材。
サラッとした肌ざわりが鮎釣りシーズンにピッタリです。
ayu6

ayu7

ayu1
こちらは鮎釣り名人「古川トンボさん」をイメージした法被。
伝統的なスタイルに徹し、綿素材での製作です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
<お客様より>
今年も素敵な半纏を作って下さり有難うございました。 大変暑い夏となりましたが、いかがお過ごしですか?   僕は暑さに負けず釣りにも通っていますが、今年の美山川は高水温やら大水でいつになく不漁。   おかげで良い写真も撮れぬまま終盤に差し掛かり、他の河川の写真となりますが、
とりあえず作って頂いた半纏着用の写真を送ります。  また制作の際には宜しくお願いします。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


衣装にもこだわって、釣り姿も凛々しくかっこいいですね。
釣ってもよし、食べてもよしの「鮎」!!
これから、ますます鮎釣りを楽しんでください。


カスタムメイド法被(はっぴ)のお問い合わせは
「喜び」と「感動」の輪を広げるお手伝いノムラアートプラント まで