「西蒲田屋台ガールズ法被」再注文いただきました。きっと播州の秋祭り!! 
misi1
播州の秋祭りとは、兵庫県南西部の播磨地方一帯の神社で行われる大小様々な秋季例大祭を総じて指し示すときの呼称。多くの神社で屋台(太鼓台)の練り出しが行われております。
nisi2
西蒲田屋台は、蒲田神社の秋祭りで体育の日の前の土日の姫路市広畑区で練りが行われます。幟練り 4台の子供屋台・9台の大屋台による途切れることの無い屋台練り歩き。その中で西蒲田の大屋台になります。
nisi3
さてこの、「カスタム法被」ロゴデザインはお客様より頂き、黒色をベースに赤色のロゴという反対色で遠目からでもとても目立つ力強い法被となっております。 そして、うろこ柄の帯付です。そのうろこ柄は袖裏にも施されています。

版を作っておくと、毎年お祭り仲間が増えたり、古くなった法被を新調するにもとても便利です。
 西蒲田屋台は、開催されるお祭りで使用される御神輿のことを指すようで、屋台姫路城に向かって練り歩く姿はとても美しく壮大です。
nisi5
やはり、文字も目立って、かなりいけてます!今回は大人Mサイズでしたが、子供用から大人Lサイズまで対応いたしております。オールシーズン、お祭りやアーティストのライブ、お子様のスポーツの応援にいかがですか?


「喜び」と「感動」の輪を広げるお手伝いノムラアートプラント まで

facebookやってます。「いいね!」お待ちしてます!!