金彩の鮮やかなカスタム風呂敷のご依頼をいただきました。
fold
ベース商品は一越ちりめんの二巾、黒色。
金彩による加工で縁どるような柄が描かれています。

金彩加工はその方法が「粉」と「箔」の大きく2つに分かれます。
今回は「粉」による加工です。
「金箔」による加工では柔らかさが損なわれ、折り目が戻らないことから
風呂敷全面への加工には向きません。
ワンポイントの加工には「金箔」もオススメです。
front
カスタム風呂敷として紹介していますが、
縁取りを均一にするためには既製品へのプリントではできません。
プリント後に均一な幅で縫製します。

カスタムとオーダーメイドの中間といったところでしょうか。
up
角に入ったロゴがお分かりになるでしょうか?
黒い風呂敷に黒でプリントしています。
光沢のある顔料ですので、
光に当てれば反射して見えるこだわりに溢れた加工です。
back
裏抜けは僅かに金色が見える程度です。

皆様もこだわり溢れた風呂敷を作ってみませんか?

名入れ、ロゴ入れに関しましては
カスタムメイド風呂敷をご覧ください。
ノムラアートプラントまでお気軽にお問い合わせください♪

logofacebook_b_mini insta_b_minitwitter_b_mini