新人おたむ日記

京都で布製品のオリジナル製品の製造卸販売を営んでおります ノムラアートプラントと申します。 このブログでは今まで弊社にて製作致しました製品の製作実績+猫情報を掲載してまいります。 拙い点が多々あるかと思いますが、ごゆっくりご覧頂ければ幸いです

2017年12月

友禅柄のアロハシャツのご依頼をいただきました。
de01
デザイン会社様を通じデザインをいただきましたが、
1着だけ製作させていただいたことを疑問に思っていたところ、
個人使用でディカプリオの着ていたアロハシャツを着てみたいのだとお話いただきました。
de02
1996年公開の映画「ロミオ+ジュリエット」は
シェイクスピアの原作からセリフなどはそのままだそうですが、
舞台をブラジルに移し、マフィアの抗争や銃撃戦を描いた作品だそうです。
主演のレオナルド・ディカプリオがアロハシャツを着て活躍します。

イギリスの作家、アメリカの映画会社、ブラジルを舞台とした作品に
日本の友禅柄が使用されていたことは驚きが隠せません。
友禅染め工場を営むものとして嬉しく思います。
de03
デザインデータは映像などからデザイン会社様の方で起こされたそうです。凄い!!
de04
今回価格上の問題もあり、機械での染色を行いましたが、
デザインからは外側に薄くなる「ぼかし」や「金くくり」など京友禅柄が表現されています。
まさにこだわりの1着ですね。



オリジナルアロハシャツの問い合わせは
「喜び」と「感動」の輪を広げるお手伝いノムラアートプラント まで

「いいね!」お待ちしてます!!

三重県にてゆるキャラグランプリ2017が開催!!
三重県四日市市のご当地キャラクター「こにゅうどうくん」がなんと堂々第4位に輝きました!!
23668289_1755012207853012_9120582062028357632_n
画像提供:四日市観光協会
お父さんの「大入道(おにゅうどう)」譲りの長い舌で握手?をするこにゅうどうくん。
べ~っと伸びる長い舌に「伸ばしたい」ことを願いながら触ると、願い事がかなうと言われています。

大入道山車──
高さが約7メートル60センチに及ぶ日本最大のからくり人形のついた山車です。
演技時には銅鑼(どら)と太鼓のリズムに合わせて首を長く伸ばし、首をもたげて舌を伸ばして目を剥き、両手を前後に大きく振ります。

http://kanko-yokkaichi.com/festival/339/
http://www.city.yokkaichi.lg.jp/www/contents/1001000002659/index.html

さて、ゆるキャラグランプリ2017のグッズの販売ブースでは等身大のこにゅうどうくんがお出迎え。
1511336778108
画像提供:四日市観光協会
この度は数あるこにゅうどうくんグッズのひとつ、がま口のお手伝いをさせていただきました。
1511336790786
1511336797083
画像提供:四日市観光協会
黒、黄色、緑、ピンクの4色。
いろんな表情のこにゅうどうくんと工業夜景をイメージしたが散りばめられたデザインです。
工業夜景が大好きなこにゅうどうくん本人も大満足の一品です!!

工業夜景──
近年の「工場萌え」ブームにより増加しつつある工場観賞愛好家から「聖地」と称される工場夜景。
2010年7月より「四日市コンビナート夜景クルーズ」が行われており、大変好評を博しております。

http://kanko-yokkaichi.com/night-view/

さて、四日市市ではこの時期、紅葉も見頃!!
24274410_516739315358560_4375396936644034560_n
画像提供:四日市観光協会
もみじ谷の名の通り約1000本のモミジやユリノキ。
一面の紅葉に囲まれながら、一句詠んでみるのもいかがでしょうか?

宮妻峡もみじ谷──
「奥山に もみぢふみわけ 鳴く鹿の 声きくときぞ 秋はかなしき」
百人一首にも詠まれた紅葉の名所。
江戸時代初めの元禄年間(1688年頃)から、代々の菰野藩主土方候が領内の見回りを兼ねて紅葉刈りに訪れ、景勝地の自然保護に努めたといわれる歴史ある名所。

http://kanko-yokkaichi.com/watching/scenery/251/


今後も、こにゅうどうくんや四日市市の活躍に目が離せません!!

四日市観光協会




オーダーメイドがま口は個人利用のお客様はもちろん、
OEM、ODMなどでの物販用、販促品、ノベルティー製作に最適です!!

オリジナルがま口のお問い合わせはノムラアートプラントまで

facebookやってます。「いいね!」お待ちしてます!!

↑このページのトップヘ