新人おたむ日記

京都で布製品のオリジナル製品の製造卸販売を営んでおります ノムラアートプラントと申します。
このブログでは今まで弊社にて製作致しました製品の製作実績+猫情報を掲載してまいります。 拙い点が多々あるかと思いますが、ごゆっくりご覧頂ければ幸いです

nomura-art-plant TOP

オーダーメイド品のご依頼はノムラアートプラントまで
お気軽にお問い合わせください。

もう11月も終わりです。

ここ1週間くらい前から、チャボの後ろ足がおかしくて
引きずるように歩いたり、ジャンプする時も
うしろ足がもつれてこけそうになりました。
79b2efff51c396fae01a2533cbefcbda

いろいろ調べると、血糖値が安定していない(高い状態続く)と
うしろ足が神経障害を起こすような事が書いてありました。
こないだ動物病院でその話もちらっと話しました。
インシュリン注射の単位を0.5上げる事になったんですが
うしろ足の歩き方がまだ変です。
毎日心配して、チャボの歩き方を注意深く見ています。
思うように歩けていないチャボを見て胸が痛くなります。
チャボはもっとしんどいやろうし、自分の体調は本人も
よくわかっていると思います。
どうにかして治してあげたいのですが、
どうしてあげたらよいのか・・・
とりあえずこまめに血糖値を計っています。
今は血糖値の流れを見ているとこです。
最近寒いせいか、お留守番しているチャボは布団の中に入って
寒さをしのいでいるのをこないだ発見しました。

40216be5ccdb99579eefe78cb610c2c3

0f4d2ba61424515628cebb80d8110da1
私が家にいる時は、ストーブをつけているので
気持ちよさそうにゴロゴロしているのですが・・・
家に出る前は部屋をあっためてから出て行きます。
でもさすがにこの寒さ。。。
帰ったらかなり寒いです。
帰ったらあったかい場所を自分なりに見つけて
そこに佇んでいます。
猫もこの寒さには負けるみたいです。

うちのチャボも元気にやっています。
糖尿病と診断されたのが今年の1月。
早いもので一年がたとうとしています。
チャボが家に来て丸2年たちました。
まだ2年しかたってないんやと思うとまだ短いんやなと
感じる事があります。

▼家でのチャボ
cd308d0dc0e3f31a96050fda50f1bc8a

▼お座りチャボ
cd35ef94e9c381aa58e64c044cd00f47

▼バッタを見つめているチャボ
d7785e8a460da6bdba6552cdc3690d13


▼するどい目つきのチャボ。
でも、後ろ足はくつろぎモード

9e158a8f982450b1b598be373ffa0e30

最近調子がいいのかお外で日向ぼっこしています。
外で、”ぺったん・ぺったん”としっぽをゆらして
ぼーとしています。
去勢させてからあまり外へ出なくなったのですが、
たまには外に出たそうにしている時は出してやります☆
家の中だけだと可愛そうなので外の空気を楽しんでます。
でも外で何をしているのか心配なので・・・
外に出てチャボが何をしてるか見にいきます。
大抵ボーと座ってる事が多いです。
毎日2回のインスリン注射も、何もいわず逃げず
注射を打ち終わるまでじっとしています。
賢すぎるネコです。(飼っている私が言うのもなんですが・・・)
チャボに出来る限りの事はしてあげたい
そんな気持ちで毎日過ごしています。
ますますチャボの事を好きになっている私です。

だんだん寒くなってきました。。
チャボはあまり寒がりじゃなさそうなのか、寒いところでも
お腹を出して無防備に寝ています。
c9fab318e895cbbcff366ea30b24fe0b

チャボを拾って丸2年たちました。
2年振り返るとだいぶん前のように感じますが
まだ拾って2年しかたってないんやな~と
最近つくづく思います。

最初は猫を飼うなんて思いもしなかったのですが
今はチャボがいるのが当たり前の生活になっています。
初めの頃の自分と今の自分とでは比べものに
ならないくらいチャボに対しての思いが変わりました。
最初は、飼い主を捜すのを第一条件で保護していたのですが
1ヶ月2ヶ月たっても飼い主は現れず・・・諦めていた時・・

おじさんが張り紙を見て
『わしの逃げ出した猫と似てるし一回見たい』
と電話を頂きチャボを見せた事がありました。
結局、『うちの猫ちゃうわ~』と言って帰っていかはったのを
覚えています。

そのあとも、引き続き’迷い猫’として
飼い主さんを探していたのですが、連絡もなく。。
チャボをうちのコにしようと思ったのはその時くらいでした。
動物病院へ初めて連れて行った時も
静かでおとなしくしていました。
6de9597cff7cd9fce6da71bc7d87f38f
そんな出会いから2年。
私にとって、チャボはいろんな意味で私を変えさせてくれました。
今は、糖尿病になって毎日2回注射をうっていますが、
泣きもせず、暴れもしない、ほんとおとなしく、やさしいにゃんこです。
チャボにはいろいろと感謝しています。

11d2c8e8494fab1aac3a2981188e134e


ここ最近体調も良く、2か月くらい病院へ行ってなかったのですが、

病院から予防接種の時期ですとのはがきがきたので、

ヒサビサ動物病院に行ってきました。

チャボもカゴ(病院へ行く時に使用)を見たとたん

「病院だ!」と察したみたいで逃げまくり

行くまでちょっと手こずりましたが・・・・

なんとかチャボを風呂敷にくるんで車でGO~!!

車の中で”そわそわ”落ち着きなくしてました。

病院へ入ったとたん、”ニャーオッー”と大きな声で

何回もなきました。。。

チャボがこんなに何度も鳴くなんて今までなかったので

ビックリしました。

ほんま久々の病院でかなり嫌がってました・・・

体重測ってもろたら、なんと5.6キロありました。

『減るより全然いいです』と言われましたが・・・

チャボのからだを見て太ってんなぁと思いました。

最近は外に出て少し動いてるようなので、

ご飯の量も少し減らしてカラダを絞ってかなあかんなと

思ってます。。

診察台でのチャボは、

先生に診てもらっている間も、

私の方へ来よう来ようと必死になってます。

その時のチャボの毛の舞い方がスゴイ!

右手も少しケガしていたので見てもらいました。

肥満細胞腫というのが出来ていました。

ちょっと心配です。。。

中高齢の猫がかかりやすく、肥満細胞が免疫反応に関わっていることから、

老化による免疫機能の低下などが深く関わってるそうです。

病院の先生いわく、よくあることみたいで

とりあえず今とった細胞を詳しく調べてもらっています。

お家へ帰ったら風呂場の水道水をジャブジャブ飲んでました☆

0610a64301ab0daa88a2148cdd8853a7



 

ちゃぼ今日はお疲れさんでした。

最近夜は涼しくなって、過ごしやすくなりました。

うちのチャボも、おかげさまで元気に過ごしています☆

凛々しいで写っています
a884903433f0671deff2d45f6ef7231c


ここ1か月半の間、よく食べてるせいか体重増えました。

前のブログ(7月15日)では4.3キロだったのですが

なんと9月1日現在で5.4キロにまで太りましたっ!!

糖尿病なので全然体重が増えなくて心配していたのですが・・・・

茹でたささみやカリカリを食べていたら、いつのまにか。。太ってました

痩せていくより全然いいのですが・・太っていいのかな??と思ったりもします。。

病院へ連れて行った時、病院の先生に聞きました。

太るのはいいそうですが、太りすぎるのはダメとのこと。

最近チャボの後ろ姿がデカく感じます。

顔まで少しふっくらしたのでボタモチみたいになっています

でもあんまり太らせないよう食事の量は考えてあげてます。

●つめみがきでガリガリしているチャボ
7ddd945ba42277dae97e98dabd4928c2

糖尿病の猫ちゃんで同じく太った方ていらっしゃいますか??

同じ方がもしおられるなら、気軽にコメントして頂けたら

嬉しいです♪

●自分のベッドでひっくり返ってるチャボ
cf8f1ee8011555e397bbc4f1ad6a26b3


いつも帰ってきたらお風呂の水道水を手ですくってあげるのが

日課となっています。

太っているので浴槽に落ちそうになった事が何度かありました
(お風呂兼洗面所のタイプです)

落ちそうになって這い上がってるチャボの姿は、

かなりまぬけでした。。 

でも可愛いと思える私はチャボのとりこです☆

お外はたま~に出ます。何もせずゴロゴロしているチャボ
41ccf5d29a893cb7ccbf675ec9b1dbcc


糖尿病なので変わらずよく水を飲んでいます。

トイレへいく回数も多いですが、よく食べて体調もボチボチいいので

これからも引き続きチャボの為に頑張っていきたいです。

最近のおちゃぼは、ごはんもよく食べ元気にしています。

チャボが糖尿病になってインスリン注射を打つようになってからは

何時に注射を打ったか、チャボの体調はどうか、病院でのデーター

などノートに記録するようになりました。

▼チャボ記録ノート(糖尿病)
16bb21354233da5a221b96eaaaf42c33


bb412e8f5088b0d7f1cfb7a5fee72d55


こうやって記録していると、体調の変化・体重の増減・注射を打った時間

などわかるので、チャボの管理ができて良いです☆

ここには、血糖値を測ったときどれくらいだったかも記載されています。

血糖値を計るものは病院で買いました。非常に便利です!

ぐったりしている時、血糖値が高いのか低いのか判断できます。

以前、血糖値を測るのを持っていなっかた時、高血糖だと思い

インスリン注射を打ったら低血糖で死にかけました。

低血糖の恐ろしさを目のあたりにしてから打つのが怖くて・・・

見た目で判断できないので、不安な時は血糖値を頼っています。

▼血糖値を測定するもの
0fc3f391c5a85c67dc7c644cb44f5a7d


ごはんに関しては、糖尿病なので何をあげていいのかわからないので

動物病院が出している糖尿病専用(糖の血糖値を安定させてくれる)

のカリカリ(ヒルズm/d)を食べています。

糖尿病のカリカリが他にもたくさんあればいいのですが・・・

たまに茹でたささみをあげています☆
(糖尿病のネコにもあげて良いとネットに書いてあったので)

ささみに関しては、よく食べる・食べる★

ささみ=鶏(チャボとよばれている)

チャボという名前だけにささみは大好きラッキーフードみたいです(笑)

もちろんチャボの口に入るもんですし、国産のささみを買っています。

005fae647a0e21c0afb9a3f2f4c99013


865777207686aea37540adc47a99e58c


e5d9536241f29ca9886a564e7e770dd7


そのおかげかどうかわかりませんが。。。

体重増えました!!!!

糖尿病になってから、なかなか増えなっかった体重が。
(3.6~3.8kgから増えなかった体重がなんといま4.3kgあります)

食欲はあるのでありがたいことです☆

1863e9505c88092a3e52407a84c5a9a6


d6a30d2f420e5cd5bfc74b7c5f033ca5


ひき続き共に頑張っていこうと思います☆

先日、お友達のところへお泊りに行ってきました。

そこの家にいるネコちゃんのお話をしたいと思います☆

友達は高校の時の友達で、

小学校くらいからネコと暮らしていて

今のネコちゃんで、3代目だそうです。

私もチャボと巡り合うまでは、正直ネコは苦手だったのですが・・・

チャボと一緒に住むようになってからは、

ネコというものに興味を持ち始め好きになりました。

友達のネコちゃんも人なつっこくて

私を見るなり可愛い声で’ニャー’とないて

’スリスリ’してくれました。

友達いわく、よく’ニャー’と鳴いてるみたいです。

実際ニャーニャー鳴いてました。
84eac5c2d41dd7820e23e304473dcc50

友達のネコの印象を書きたいと思います☆

・完全な家ネコなので足の肉球がまぁ綺麗なこと!!

・あと、うちのチャボに比べ小さい。
(うちのチャボは太りすぎなので当たり前か。。)

・あと可愛い模様をしていました。
(ネコの体の柄です)
7ccd1f6a601cc53780d68cb9f3e84ca7

・可愛い声でよく’ニャー’と鳴く

・1歳なのでかなり活発っ!!
(ジャンプしたりすごい勢いで走ったり)

・人なっつこい
(よってきてはスリスリしてくれる)

私がチャボによくかまってかまってて

つっこんでいくのですが・・・

友達はべったりもせず、意外とクールな対応。

『ネコは気ままやしあまりべったりせんでも大丈夫』(友達)

なるほどっ!ネコを熟知している友達の意見は大変勉強になりました!

むしろネコちゃんが、かまって欲しそうでした(笑)
(かなり可愛い)

チャボがどっかいない時、気になってすぐ探しにいく私ですが、

友達はネコがいなくても『大丈夫。ほっといてもどっか居るし、こっち来るから』

ふむふむ。。。なるほど。。。

友達と久々ゆっくり話ができ、可愛いネコちゃんも見れたので

すごく楽しい1日でした☆
bdb0738711e7f1ee7c917799af00daf8

寝る時、ネコちゃんが私の布団の足元で寝てくれました★
b1b86113aa58037e7851f59acb2008c9

なんとも言えへん可愛らしさ。

チャボに比べて体重も軽い。

友達は、『普段そんなとこで寝ーへんやろ。ごめんな』って言ってたのですが

全然っ!!むしろ嬉しくて一緒に寝れた思い出が出来てヨカッタです。

あと関係ないですが、友達と食べた夜ごはん美味しかったです。
(ビール飲みながらきゅうりの漬物・奈良漬1人でパクパク食べてました・・・)

家に帰ってチャボをみたらやっぱり太いなぁって感じました(笑)

↑このページのトップヘ