新人おたむ日記

京都で布製品のオリジナル製品の製造卸販売を営んでおります ノムラアートプラントと申します。
このブログでは今まで弊社にて製作致しました製品の製作実績+猫情報を掲載してまいります。 拙い点が多々あるかと思いますが、ごゆっくりご覧頂ければ幸いです

nomura-art-plant TOP

オーダーメイド品のご依頼はノムラアートプラントまで
お気軽にお問い合わせください。

前に、チャボの足あたりに皮膚がただれた部分があったので

病院へ行ってみてもらいました。

結果は、”皮膚炎”でした。

a7eb4f943dc54b5e9ae157c1b6e10310

ひとまず安心して

軟膏をもらい塗っているのですが、

猫だけに毛づくろいするので舐めてしまします・・・

エリザベスカラー(ケガしたところを舐めないように顔周りに装着するもの)をしても

傷口に届くので、軟膏を塗った後は舐めないよう見てます。

そこの部分を異常に舐めまくるので、

ただれが広がってしまって治らないです・・・。

見つけたらやめる様にさせているのですがいまだ治らずです。

それ以外は、非常に元気にやっています☆

前に心配していたうしろ足の動きもよくなって

よく勢いよく走っています。

室外機にジャンプ出来るようになったので

ほんまに見ていて嬉しくて嬉しくて喜んでいます☆

c5347ce0523a12d50a1f80f2fda1999b

『えらいなぁー、ちゃーちゃ』(私の声)

なにより元気に動けるのが一番やなと思いました。

あとよくコメントをもらっている舞さんお薦めの猫グッズを

うちの姉が持ってきてくれました。

ご紹介させていただきます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東急ハンズに売っている

”丸い形のつめみがき”

”猫じゃらし”2つをご紹介します~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<つめみがき>
b9f83c98f6b239566f40d7e0980e922b

<猫じゃらし>・・・・2種類
どちらの猫じゃらしも飛びつきがすごいっ!!
7240345e10f1f04b30148507cb104908


868e4c8bd606ff885cc8f0ecde3fbe8a


add0072436b92ff9749c43fdfed78945

新たな1年がスタートしてもう13日。

チャボと一緒に暮らし始めて2年ちょっとたちました。
最近のチャボは、後ろ足はまだ本調子ではないですが
ご飯もよく食べ、いいウンチもしているので
なかなかいいのかな?と思います。

bc661a834e2d25af2ce56556ac13fcdd


ご飯はm/dが基本ですが、ロイヤルカナンを混ぜてあげています☆
ロイヤルカナンの飛びつきにはびっくりです!!

初めてあげた時、全然鳴かないチャボも、『ニャーオーッゥ』と鳴きましたっ
いまも開けた瞬間ガツガツしています。
m/dをあげる時は違うって顔します(笑)
以前ブログにコメント頂いたマイさん(ネコと一緒に暮らされています)から教えてもらいました。
チャボが喜んで食べてくれているので
私も嬉しい気持ちになります。
7ad0b6c986b2ab7946a0ea20d1d5b11e


今日もベランダに出て外の景色を眺めていました。
昔は勢いよくジャンプしていたのですが・・・
今はジャンプできないのでじっとしていました。
自分でもわかっているみたいだったので
見ていて胸が苦しくなりました。
6a1ec862cfc54348fae06159e2c981f1


糖尿病と診断されて1年がたちました。
毎日2回のインシュリン注射(現在4.5単位)もおとなしく座っています。
ほんま賢いなと思う事が多いです。
最初はほんとネコが苦手やった私。
今はチャボの顔に自分の顔をくっつけたりしています。

ネコのとりこになっている自分にびっくりです★

人間って変われるもんですね~

かなり寒くなってきました。。

うちのおちゃぼ君は、まだ後ろ足のふらつきが
気になりますが、それ以外は元気にやっています。
db1ee2091c86898ca77c67862a409a47

ネットで調べたところ、
血糖値のコントロールが出来てない=血糖値が高い=後ろ足の筋肉が落ちる
って書いてありました。
病院からも『インスリンの単位を少し上げてください』と言われたので
単位をあげて打っています。カリカリの量なども調節して、
血糖値が下がるよう努力しているのですが・・・
なかなか後ろ足の調子がよくありません。
こないだお外に出したら、頑張ってジャンプしていましたが
思うようにジャンプも出来なくて見ていて可愛そうでした。
0e3728ba1717a0783047f3c04cc4dcb7
家の中でのチャボは、最近サイコロを見てかなり興味を持ったので
サイコロを転がしたりして遊んでいます。
振りかざしていると目をまんまるく(獲物を狙う目)して影からのぞいています。
サイコロをふると勢いよく走ってきます。
遊び相手が基本いないので、サイコロがチャボの相手をしています。
サイコロをどう思っているのか気になるとこですけど・・・

もう11月も終わりです。

ここ1週間くらい前から、チャボの後ろ足がおかしくて
引きずるように歩いたり、ジャンプする時も
うしろ足がもつれてこけそうになりました。
79b2efff51c396fae01a2533cbefcbda

いろいろ調べると、血糖値が安定していない(高い状態続く)と
うしろ足が神経障害を起こすような事が書いてありました。
こないだ動物病院でその話もちらっと話しました。
インシュリン注射の単位を0.5上げる事になったんですが
うしろ足の歩き方がまだ変です。
毎日心配して、チャボの歩き方を注意深く見ています。
思うように歩けていないチャボを見て胸が痛くなります。
チャボはもっとしんどいやろうし、自分の体調は本人も
よくわかっていると思います。
どうにかして治してあげたいのですが、
どうしてあげたらよいのか・・・
とりあえずこまめに血糖値を計っています。
今は血糖値の流れを見ているとこです。
最近寒いせいか、お留守番しているチャボは布団の中に入って
寒さをしのいでいるのをこないだ発見しました。

40216be5ccdb99579eefe78cb610c2c3

0f4d2ba61424515628cebb80d8110da1
私が家にいる時は、ストーブをつけているので
気持ちよさそうにゴロゴロしているのですが・・・
家に出る前は部屋をあっためてから出て行きます。
でもさすがにこの寒さ。。。
帰ったらかなり寒いです。
帰ったらあったかい場所を自分なりに見つけて
そこに佇んでいます。
猫もこの寒さには負けるみたいです。

うちのチャボも元気にやっています。
糖尿病と診断されたのが今年の1月。
早いもので一年がたとうとしています。
チャボが家に来て丸2年たちました。
まだ2年しかたってないんやと思うとまだ短いんやなと
感じる事があります。

▼家でのチャボ
cd308d0dc0e3f31a96050fda50f1bc8a

▼お座りチャボ
cd35ef94e9c381aa58e64c044cd00f47

▼バッタを見つめているチャボ
d7785e8a460da6bdba6552cdc3690d13


▼するどい目つきのチャボ。
でも、後ろ足はくつろぎモード

9e158a8f982450b1b598be373ffa0e30

最近調子がいいのかお外で日向ぼっこしています。
外で、”ぺったん・ぺったん”としっぽをゆらして
ぼーとしています。
去勢させてからあまり外へ出なくなったのですが、
たまには外に出たそうにしている時は出してやります☆
家の中だけだと可愛そうなので外の空気を楽しんでます。
でも外で何をしているのか心配なので・・・
外に出てチャボが何をしてるか見にいきます。
大抵ボーと座ってる事が多いです。
毎日2回のインスリン注射も、何もいわず逃げず
注射を打ち終わるまでじっとしています。
賢すぎるネコです。(飼っている私が言うのもなんですが・・・)
チャボに出来る限りの事はしてあげたい
そんな気持ちで毎日過ごしています。
ますますチャボの事を好きになっている私です。

だんだん寒くなってきました。。
チャボはあまり寒がりじゃなさそうなのか、寒いところでも
お腹を出して無防備に寝ています。
c9fab318e895cbbcff366ea30b24fe0b

チャボを拾って丸2年たちました。
2年振り返るとだいぶん前のように感じますが
まだ拾って2年しかたってないんやな~と
最近つくづく思います。

最初は猫を飼うなんて思いもしなかったのですが
今はチャボがいるのが当たり前の生活になっています。
初めの頃の自分と今の自分とでは比べものに
ならないくらいチャボに対しての思いが変わりました。
最初は、飼い主を捜すのを第一条件で保護していたのですが
1ヶ月2ヶ月たっても飼い主は現れず・・・諦めていた時・・

おじさんが張り紙を見て
『わしの逃げ出した猫と似てるし一回見たい』
と電話を頂きチャボを見せた事がありました。
結局、『うちの猫ちゃうわ~』と言って帰っていかはったのを
覚えています。

そのあとも、引き続き’迷い猫’として
飼い主さんを探していたのですが、連絡もなく。。
チャボをうちのコにしようと思ったのはその時くらいでした。
動物病院へ初めて連れて行った時も
静かでおとなしくしていました。
6de9597cff7cd9fce6da71bc7d87f38f
そんな出会いから2年。
私にとって、チャボはいろんな意味で私を変えさせてくれました。
今は、糖尿病になって毎日2回注射をうっていますが、
泣きもせず、暴れもしない、ほんとおとなしく、やさしいにゃんこです。
チャボにはいろいろと感謝しています。

11d2c8e8494fab1aac3a2981188e134e


ここ最近体調も良く、2か月くらい病院へ行ってなかったのですが、

病院から予防接種の時期ですとのはがきがきたので、

ヒサビサ動物病院に行ってきました。

チャボもカゴ(病院へ行く時に使用)を見たとたん

「病院だ!」と察したみたいで逃げまくり

行くまでちょっと手こずりましたが・・・・

なんとかチャボを風呂敷にくるんで車でGO~!!

車の中で”そわそわ”落ち着きなくしてました。

病院へ入ったとたん、”ニャーオッー”と大きな声で

何回もなきました。。。

チャボがこんなに何度も鳴くなんて今までなかったので

ビックリしました。

ほんま久々の病院でかなり嫌がってました・・・

体重測ってもろたら、なんと5.6キロありました。

『減るより全然いいです』と言われましたが・・・

チャボのからだを見て太ってんなぁと思いました。

最近は外に出て少し動いてるようなので、

ご飯の量も少し減らしてカラダを絞ってかなあかんなと

思ってます。。

診察台でのチャボは、

先生に診てもらっている間も、

私の方へ来よう来ようと必死になってます。

その時のチャボの毛の舞い方がスゴイ!

右手も少しケガしていたので見てもらいました。

肥満細胞腫というのが出来ていました。

ちょっと心配です。。。

中高齢の猫がかかりやすく、肥満細胞が免疫反応に関わっていることから、

老化による免疫機能の低下などが深く関わってるそうです。

病院の先生いわく、よくあることみたいで

とりあえず今とった細胞を詳しく調べてもらっています。

お家へ帰ったら風呂場の水道水をジャブジャブ飲んでました☆

0610a64301ab0daa88a2148cdd8853a7



 

ちゃぼ今日はお疲れさんでした。

↑このページのトップヘ