新人おたむ日記

京都で布製品のオリジナル製品の製造卸販売を営んでおります ノムラアートプラントと申します。 このブログでは今まで弊社にて製作致しました製品の製作実績+猫情報を掲載してまいります。 拙い点が多々あるかと思いますが、ごゆっくりご覧頂ければ幸いです

このあいだは、チャボとの出会いを書きましたが・・・

今日はチャボの習慣性についてお話します★

前にも(チャボの出会い編)話した通り、私は最初猫が苦手で触る事もできなかったのですが、
ちゃぼと共同生活が始まってから触らざるおえなくなり徐々に触るのに対して抵抗が消えてきました。

私と同じで猫が苦手だった方たくさんいはると思います。
不思議なもんでいまや触りまくりの毎日です(笑)★

私がチャボを拾った時は去勢されていない雄猫でした。
去勢されていないのに非常におとなしくて、人なつこくて
家に置いておいても部屋も荒らさず柱もガリガリしない非常におとなしい性格ネコで。
多分拾った時にノミとり用の首輪をしていたので以前飼われていた時
ちゃんと教育されていたのだろうと勝手に思ってました。

●●●【拾った時のチャボの習慣性】・・・いわゆる問題点を書いてみました。●●●

1)トイレを覚えない。(トイレする時は外でして来るみたいで家では全くしない。)

2)たまに喧嘩して血まみれや爪に違う色の毛をモサモサつけて帰って来る事。

3)腕のひじの下に肉球だけがあるのですが、かさかさのかかとみたいになってる事。

4)昼間から夜にかけてよく寝るため、夜中から明け方元気で人が寝てる枕元でニャーと泣き人が寝ているとこを起こす事。(これはけっこうつらいです。)

5)他のオス猫を見ると猛スピードで追いかける事。

6)ケンカが弱い(ケガしてることが多い)のに立ち向かう事。

7)外の散歩コースが非常に多く。行動範囲が広すぎる事。

8)食欲がはんぱない事。

●●●ケガしたときの写真をのせてます●●●

▼ けがすると傷口を舐めないように触らないようにエリザベスカラーを顔まわりに装着します。
そのときにハイポーズ☆

1枚目(カメラ目線でポーズきめてます)

b8cae191acea00abbeb36c4e39f1e170


2枚目(顔の肉がブヨブヨしてます)

d2aace8ddf5798aba4c34cf987d20f52


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

こんなカンジで拾い始めはケガばっかりしてました。。。。

外に出る猫ちゃん気をつけて散歩してくださいネ

今日は商品とは関係のないお話です。

うちの猫(ちゃぼ)を紹介します。
※写真のあとにちゃぼとの出会いについて書いています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
拾った頃の写真
その1玄関で物思いにふけっています
58a373e0b906dc59b28dc00b059f21f7

その時は素足で歩き回られるのが嫌で床にシートをひいていました。

その2ごはんを食べてます
4ba771cf0c81bcdb6d564e9220314030


隣に見えるのが実はトイレなんです^^;
今思えば当たり前なのですが、ごはんの隣にあるトイレで用を足す訳もなく・・・
家でトイレをしてくれたのは家に来て3ヶ月以上先のお話です。
この話はまた今度~

その3洗濯機前の荷物の上に乗っていてこっちをみている瞬間
5b2b6aa4cab50816ec564a6a5491fc52

今思えば若干気を使ってカメラサービスしてくれたのかなと思います。

その4:上の写真同様
f245068d16981daf55109a6698f61185

撮られすぎて飽きたのでしょーか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
猫と住んで1年ちょっと過ぎました★
最初は、猫が苦手だった私ですが人間変わるもんですね~

家の近くで猫を発見し(10月終わりでした)最初は”あぁいるな”て思ってたんです。
よーく見るとピンクのノミとり用の首輪もしていたんで、てっきり飼われている猫だと思ってたんです。
それからも同じ場所(外)に1週間近く居るので”もしかして捨てられたのか迷って帰れないのか逃げてきたのか?
といろいろ考えました。

さすがに気になって、ちょこちょこ見たりして毎日過ごしていました。
ご近所に住んでいるいろんな方も気になったのかところどころに
缶詰のシーチキンやキャットフード(カリカリと呼んでいる)が落ちていて
(わざと置いてあるんですケド笑)”この猫幸せ者やなぁ”と思いました☆

厳しい冬になる手前だったのでほって置くと凍えてしまって命を落とす危険性もあるので、
飼い主さん探しを含め家で保護。寝床とごはんを提供し共同生活が始まりました(‘_‘ )☆

猫も犬も飼ったコトがないのでどう飼ってよいのか右も左もわからない中・・・
猫を飼っている子にアドバイスやいろいろ教えてもらいなんとか
ベッド(その頃はダンボールに毛布←母からもらった毛布を使用)・トイレ・ご飯を設置!!

最初からおとなしい猫だったので怖くありませんでした。ただ。。。猫の毛が気になって気になって
猫が歩く度に後ろからコロコロテープで毛を取ってました。

猫の毛が気になるので最初はベッドを玄関入ってすぐの廊下に設置してたんですが、
猫も人間同様寂しいのか夜中になると”ニャ~ニャ~”とドア越しで泣いていました。
さすがに数日間泣き声で寝れない日が続き(#▲#)・・・腹をくくって同じ部屋に猫のベッドを移動。
その日から夜中に泣かなくなりました。

まだその頃は飼い主さんを探したりしていたので、
名前はつけずに”おまえ”とか”にゃん吉”とか勝手に呼んでました。
まさかその時このコを飼うなんて。。。思いもしませんでした。。。。
 
続く

綸子は光沢のある紋柄が入ったサテン生地。
見た目の煌びやかさから着物の舞台衣装などにも用いられる。
 
使用用途:着物、法被、鯉口シャツ、股引、たすきなど

弊社では阿波踊り衣装や岸和田だんじり法被などでの使用することがございます。


ここでは綸子生地のさまざまな模様をご紹介いたします。
綸子生地には裏表が有り、それぞれ光沢のある部分が逆になっています。
光沢面が少ない方を地味面、光沢面が多い派手面と呼称いたします。


<大サヤ>

osaya_jmosaya_hd
地味面                                                   派手面
綺麗の語源とも言われる中国の織物「綺」にて良く織られていた紋様。
卍を繋いで作られた模様の一種です。



<小サヤ>

kosaya_jmkosaya_hd
地味面                                                   派手面
非常に細かなサヤ型の並んだ小サヤ。



<武田菱>

takeda_jmtakeda_hd
地味面                                                   派手面
武田信玄でお馴染み、武家の武田氏が用いた家紋、武田菱。同家の留め柄。



<松葉>

matsuba_jmmatsuba_hd
地味面                                                   派手面
徳川綱吉の留め柄として一般使用が禁じられた松葉。
松の葉は落ち葉になっても離れないことから縁起物にも人気の小紋柄です。



<ふぶき>

fubuki_jmfubuki_hd
地味面                                                   派手面
散らした大小の雪がキラキラと綺麗なふぶき柄。



<市松模様>

ichimatsu_jmichimatsu_hd
地味面                                                   派手面
江戸時代に着物の柄として人気を博した市松模様。

ノムラアートプラントでは使用用途に合わせ、様々な生地をご用意しております。
ここではその中でも特によく使用いたします生地を紹介致します。


綿
<ブロード>

c_broad
薄手の綿100%生地。
Yシャツなど衣類に幅広く使用される生地。

薄手といえど丈夫なため、法被やアロハに使用に適します。
吸汗性に優れ、熱に強いため
暑い時期や屋台の衣装には特にオススメです。

糸の太さや加工によって種類が異なり、
弊社では仕立てるものにより使い分けをしております。

仕立て例:法被、阿波踊り衣装、アロハシャツ風呂敷など
この生地を使用した製品のブログ記事へは仕立て例をクリック!



<綿・中厚(シャーク、オックス)>

c_shark
中厚の綿100%生地。
オールシーズン使える法被用生地。

適度な厚みで柔らかい風合いが、着心地の良く仕上がります。
それでいて十分な重量感があり、着映えします。

シャークスキン、オックスフォードなどから染色方法に適した生地を使用いたします。
仕立て例:法被、がま口、のれんなど
この生地を使用した製品のブログ記事へは仕立て例をクリック!


<11号帆布>
c_hanpu
厚手の綿100%生地。
かつては船の帆に使われた非常に頑丈な生地の一種。
現在では鞄や靴などにも良く使用されます。

その頑丈さから動きの激しい太鼓衣装などにオススメです。
非常に重量感があり、着姿の凛々しい印象を際立たせます。

仕立て例:法被、がま口、のれんなど
この生地を使用した製品のブログ記事へは仕立て例をクリック!


<シャンタン>

c_shantung
縦糸と横糸の太さの違いから独特の凹凸を持つやや薄手の綿100%生地。

張りがあり、高級感があるため主に和装品に使用されます。
独特の手触りが楽しめる風呂敷やがま口などにオススメ。

仕立て例:風呂敷がま口、のれんなど
この生地を使用した製品のブログ記事へは仕立て例をクリック!


その他の綿生地:
徳岡(手拭い)、コンパス(ハンカチ)、天竺、Gポプリン、カツラギ、10番天竺、スラブ他

上記以外に関しましては生地もお問い合わせください。
特にご希望がない場合、使用用途、染色方法などお聞かせいただければ
弊社より適切な生地をご提案致します。



ポリエステル

<一越ちりめん>

p_hitokoshi
ポリエステル100%。
シボと呼ばれる独特の凹凸を持つちりめん生地。
その中でも一越ちりめんはシボの細かさが特徴で、高級感があり着物や風呂敷などに使用されます。

柔らかく、着心地が良さは抜群。
皺になり難く、発汗性に優れるため、
連日激しい踊りが行われる阿波踊りの衣装でも最も良く使用されている素材のひとつ。

仕立て例:法被阿波踊り衣装風呂敷、がま口など
この生地を使用した製品のブログ記事へは仕立て例をクリック!


<綿風ポリエステル(薄手)>

p_cfuupori
弊社オリジナルのポリエステル100%生地。
綿の風合いを持ちます。ポリエステル生地に有りがちな強い光沢感はなく、自然な光沢感が落ち着いた印象。綿生地同様の高級感があります。

薄手で通気性、発汗性に優れているので夏場の法被にピッタリ!
綿に近い質感を持ちながら、皺になりにくい素材です。

仕立て例:法被など

また、綿風ポリエステルには中厚、厚手もございます。 
この生地を使用した製品のブログ記事へは仕立て例をクリック!


その他のポリエステル生地:
スラブ、シャンタン、綸子


上記以外に関しましては生地もお問い合わせください。
特にご希望がない場合、使用用途、染色方法などお聞かせいただければ
弊社より適切な生地をご提案致します。



レーヨン

<丹後ちりめん>

r_tango
レーヨン(人造絹糸)100%。
シボと呼ばれる独特の凹凸を持つちりめん生地。
京都府丹後地方では西陣織と共にちりめん生地の生産に着手してきました。

丹後ちりめんはシボが大きく、しなやかなでしっとりとした肌触りを楽しめます。
また、シボによる立体的な光沢感が染色した図柄の美しさを更に際立たせてくれます。

仕立て例:風呂敷がま口など
この生地を使用した製品のブログ記事へは仕立て例をクリック!


<フジエット>

r_fuji
レーヨン(人造絹糸)100%。
アロハシャツ用生地。

サラサラと滑らかな肌触り、テラテラとした独特の光沢感。
ヒラヒラと風にたなびく薄手の生地はアロハらしさと言う点では替えの利かない素材です。

デリケートな素材ですので、お手入れには気遣いが必要です。

仕立て例:アロハシャツなど
この生地を使用した製品のブログ記事へは仕立て例をクリック!



その他、正絹での製作や持ち込み生地での製作も承っております。
(繊維の種類、加工方法によりお受けできない場合もございます) 
 詳しくはこちらからお問い合わせください。 

↑このページのトップヘ