新人おたむ日記

京都で布製品のオリジナル製品の製造卸販売を営んでおります ノムラアートプラントと申します。
このブログでは今まで弊社にて製作致しました製品の製作実績+猫情報を掲載してまいります。 拙い点が多々あるかと思いますが、ごゆっくりご覧頂ければ幸いです

nomura-art-plant TOP

オーダーメイド品のご依頼はノムラアートプラントまで
お気軽にお問い合わせください。

鮎釣りには法被と竹傘。
京都・美山川ではそんな昔ながらのスタイルが似合います。

この度、更に機能性を追求した鮎釣り法被は
以前製作いただいた法被からバージョンアップをいたしました。
ayu3
ayu2
「美山と言えば『鮎』」といわれるほど、芦生の森を源に流れる由良川の清流が育んだ「鮎」の味は絶品です。
6月1日よりアユ釣り解禁日を境に全国から多くのお客様が訪れます。
ayu4
ayu5
さて、今回機能性をUPした法被は吸汗、速乾のポリエステル素材。
サラッとした肌ざわりが鮎釣りシーズンにピッタリです。
ayu6

ayu7

ayu1
こちらは鮎釣り名人「古川トンボさん」をイメージした法被。
伝統的なスタイルに徹し、綿素材での製作です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
<お客様より>
今年も素敵な半纏を作って下さり有難うございました。 大変暑い夏となりましたが、いかがお過ごしですか?   僕は暑さに負けず釣りにも通っていますが、今年の美山川は高水温やら大水でいつになく不漁。   おかげで良い写真も撮れぬまま終盤に差し掛かり、他の河川の写真となりますが、
とりあえず作って頂いた半纏着用の写真を送ります。  また制作の際には宜しくお願いします。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


衣装にもこだわって、釣り姿も凛々しくかっこいいですね。
釣ってもよし、食べてもよしの「鮎」!!
これから、ますます鮎釣りを楽しんでください。


カスタムメイド法被(はっぴ)のお問い合わせは
「喜び」と「感動」の輪を広げるお手伝いノムラアートプラント まで

こんにちは
京都芸術デザイン専門学校クリエイティブデザイン学科マイスターレッツコースの
インターンシップをさせていただいている学生です。

今回、インターンシップ期間中に「3.3寸のオリジナルがま口」
製作体験をさせていただいたのでブログを書かせていただくことになりました!
DSC09744
作り方を紹介していきます。
①まずはオリジナル生地のデザインし、1mほど印刷していただきました。
ブログ用
Illustratorのデータはこんな感じです↑
DSC09753
出来上がった生地です↑

②印刷された生地をがま口の型紙に合わせて切っていきます。
DSC09697
DSC09699


③がま口の底部分をミシンで縫っていきます。
④がま口の金具を付ける上部分をボンドでくっつけます。
DSC09725
乾いたら、いよいよがま口の金具を取り付けていきます。
ここの工程が本当にコツがいる作業で大変でした!!

⑤金具の中心に印をつけ、金具の中にボンドをつけていきます。
 出しすぎるとボンドがはみ出てしまうので、結構やり直しました…。
DSC09729

⑥布をボンドと密着させます。
DSC09730

⑦ヒモを金具に入れ込みます。
 布とヒモをがま口差込器具を使って金具に入れ込みます。
DSC09735


⑧最後にヒモと金具の端の処理をして、
DSC09736
完成しました!!
DSC09739-2jpg

DSC09749
今回は、自分で布のデザインをするというのは初めてだったので、
大変貴重な体験をさせていただきました。
普段何気なくお店に並んでいる商品を見たり買ったりしていますが、
製品ができる工程を踏んでみて
「自分でも製品を作れるんだ!」という驚きと感動を感じることができました。

この体験を通して布のデザインにも興味を持つようになったので
いつかまた自分で布のデザインをして、制作したいです!




オーダーメイドがま口は個人利用のお客様はもちろん、
OEM、ODMなどでの物販用、販促品、ノベルティー製作に最適です!!

オリジナルがま口のお問い合わせはノムラアートプラントまで


「ありがとう」をはじめとする「幸運を呼び込む」言葉、文字、ものなどを
絵にした作品を制作されている、
「ありがとうアーティスト」のまみち(森田昌美)様を取材させていただきました!
森田さん1
ある日、「ありがとう曼荼羅」についての講座に参加したことをきっかけに、
「ありがとう」を始めとした制作活動を始められたそうです。
DSC09708
DSC09705
作品を制作していく中で、ある日道端で「第19回アートムーブ展」の申込用紙を拾い、
応募されたら見事に入選し、次の年にも入選されました!!

DSC09704
写真は「第20回アートムーブ展」の入選作品


その後、京都・百万遍の手づくり市をされたり、
「Ten Ants!」というお店を開店されたり

また、東京ビッグサイトで行われる
ライセンス業界
日本最大のキャラクター&ブランドのライセンス展
「ライセンシングジャパン」にも出展されました。
image3
image2
「ライセンシングジャパン」の様子


森田さん2
こちらは私たちがお手伝いさせて貰いました、
ありと月NGK新世界NGKショップにて販売されております
招き猫と「まいどおおきに」という言葉が、たくさんの幸運を呼び込みそうな
可愛らしいデザインの手拭いです。

DSC09709
DSC09712
カフェ「ありと月」の森田様の作品ブース


これからも幸せを舞い込む「ありがとうアート」の作品を心待ちにしています!

「ありがとうアーティスト」まみち様のホームページ・ブログはこちら↓
http://www.mamichi.info/
https://profile.ameba.jp/ameba/mami-101010


「喜び」と「感動」の輪を広げるお手伝いノムラアートプラント 

hey株式会社は「楽しみ」によって駆動される経済の発展を支援することを目指され
コイニー社とSTORES.jp社の経営統合により創業されました。

業務内容は誰でも簡単に使える
「キャッシュレス 決済サービス」と「オンラインストア 開設/運営サービス」
を開発、提供されています。
hey https://hey.jp/
Coiney https://coiney.com/
STORES.jp https://stores.jp/


そんなhey株式会社様方より
この度、オーダーメイドアロハシャツのご依頼を頂きました!
heyaroha
写真はhey株式会社 代表取締役社長の佐藤裕介様

今回のアンチョビ(カタクチイワシとオリーブ)のイラストを散りばめたアロハシャツのデザイン。
実は、社長の佐藤様の好物が「ニボシとアンチョビ」だから。
heyaroha2
こちらはhey株式会社 取締役
ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社 代表取締役 兼 CEO 塚原文奈様
こちらもとてもお似合いです!

素材はレーヨンを使用しています。
ドレープ感が特徴的で、肌触りの良いアロハシャツとなっております。
DSC09616
DSC09617
DSC09618
イラストはすべてhey株式会社内のデザイナー様が担当されました。
カタクチイワシの鱗には会社の理念である「Just for Fun.」が描かれています。

hey様より、アロハシャツについてお言葉をいただきました。
ーーーーーーーーーーーーーーー
大変満足しております!
社内&SNS上でもとても人気で、いたるところから「欲しい!」との声をいただきました。
ノムラアート様には、生地の色やイラストの線の細さなど、細部の要望に対し
とてもこだわっていただき大変感謝しております。
またアロハシャツを制作する際は、是非よろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーー

こちらこそ、
みなさんに喜んで貰えて、私たちもとても嬉しいです!


オリジナルアロハシャツの問い合わせは
「喜び」と「感動」の輪を広げるお手伝いノムラアートプラント まで

阿波踊り衣装製作はこちら→1着から作れるフルオーダー製作

2018年8月、
今期は何かと話題になった徳島の阿波踊りですが、
今年もやっぱり徳島に行ってきました!!
4620693218543605326_180817_0066
一連の騒動はどこ吹く風。
現地は相変わらずの盛り上がりです。
4620693218543605326_180817_0044
連の皆さんは熱く温かい人ばかり
移動中のお写真にも快く応えていただきました!!

さて、今年も18時の合図と共に街は一斉にステージと化します。
4620693218543605326_180817_0113_0
4620693218543605326_180817_0082
街中のあちらこちらで所狭しと踊り合い、競い合います。

さて、総踊りですが、
8月13日、演舞場での公演が終わる22時から
踊り手、市民の熱望により両国橋南詰めおどりロードにて強行となりました。
4620693218543605326_180817_00224620693218543605326_180817_0020

また、9月24日にもチャリティー公演にて総踊りが披露されることが発表されました。

9月24日「総踊り」詳細について↓
http://www.topics.or.jp/articles/-/90180

今後の本場徳島の阿波踊りが
市、踊り手、市民、観光客の全ての方々にとって
より良いものとなることを期待いたします。


さて、今年は趣向を変えてキャンプ泊。
阿波踊りキャンプ場という、街中からすぐのキャンプ場がありました。
4620693218543605326_180817_0040
大名連の方々が阿波踊りのレクチャーをなされていました。

ちょっと変わった徳島観光、阿波踊り観光もいかがでしょうか?



1着からフルオーダーで阿波踊り衣装を製作しています。
阿波踊り小物、楽器もご用意しております。
阿波踊り衣装のお問い合わせは、ノムラアートプラントまで

福島県会津若松市にある地域密着型総合病院、竹田健康財団さま方より、
この度、ノムラアートプラントがお手伝いさせて貰いました法被を
使用されているお写真をいただきました!!
IMG_0147
20180827082745-0001
2018年8月26日(日)
竹田健康財団 創立90周年記念式典・祝賀会

記事より
ーーーーーーーーーーーーー
 同財団は1928(昭和3)年8月に竹田内科医院(創設者竹田秀一氏)として開業したのが始まりで医師1人、看護師4人、その他5人でのスタートだった。

 35年に竹田病院、86年に芦ノ牧温泉病院、2002年に山鹿クリニックが開設され15年に総合医療センターがグランドオープンした。最新のビジョンには地域包括ケアシステムの構築、ICT(情報通信技術)の活用による医療・介護の質の向上と地域振興、国際化と人材育成の推進を掲げる。
ーーーーーーーーーーーーー
<<竹田健康財団90周年 快適で安心な医療へ決意、若松で式典>>

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180827-301348.php

高い志で地域に貢献され続けられているからこそ迎えられた90周年。
そして100周年に向けて更に。
そんな竹田健康財団のみな様のお手伝いに、
私たちをお選びいただいた事、とても光栄に思います。


名称未設定-1
<竹田綜合病院>
http://www.takeda.or.jp/
https://www.facebook.com/takedahospital


この法被を次に皆さんが着られるのは
2018年9月22日-24日に行われます「会津まつり」だそうです!!
名称未設定-1
https://www.aizukanko.com/kk/festival/
地域に更に喜びと感動の輪が広がりますように!


オーダーメイド法被(はっぴ)
カスタムメイド法被(はっぴ)のお問い合わせは
「喜び」と「感動」の輪を広げるお手伝いノムラアートプラント まで

シンガポール京都倶楽部のイベントで着る法被のご依頼をいただきました。
singa2
京都倶楽部は、京都のブランドを世界に広め、京都経済の活性化を目的に結成された同倶楽部。
2015年にはシンガポールでも「シンガポール京都倶楽部」支部が立ち上がりました。シンガポールで京都ゆかりの人たちで「京都倶楽部」という県人会のような組織を作っておられます。
singa3
シンガポール京都倶楽部のイベント書道体験!!!
singa1
シンガポール人に日本や京都を紹介するイベントにお揃いの法被でPRしたい。
そして「京都倶楽部やねんから京都の業者さんに作ってもらお!」ということで弊社にお声をかけていただけました。
事務局長様は京都は一乗寺出身の方。
一乗寺には弊社含め染色工場がたくさんあることは兼ねてからご存知でした。
singa5
背中には京都倶楽部のロゴが入っております。
singa4
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
<お客様より>
シンガポールさくら祭りは大盛況でした。
シンガポール人や海外旅行客の皆さんにとても喜んでいただきました。
写真では熱気が伝わりにくいですが、どうぞご覧ください。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
私たちの手掛ける法被が、日本の京都の魅力を広めるイベントのお手伝いができて大変うれしく思います。

Facebook
シンガポール京都倶楽部 Singapore Kyoto Club

「喜び」と「感動」の輪を広げるお手伝いノムラアートプラント まで


facebookやってます。

↑このページのトップヘ